「ほっ」と。キャンペーン

散歩 de 写真を楽しもう


by hanakanji
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

彩りの共演

11月みお半ばになり、昼間と夜の気温差が大きくなり木々たちの彩りも日増しに艶やかになってきています。
この時期は「ハゼの木」の彩りが最も美しでしょう。小金色のイチョウの木も自己主張していますし、落ちた後は黄色いジュータンに早変わりします。光、ボケを意識して木々たちの彩りと艶を写します。
■ハゼの彩り:夏は緑の葉で覆われているハゼですが昼間と夜の寒暖差が大きくなってくると鮮やかな姿を見せてくれます。このような被写体は正面から堂々と撮るといいでしょう。太い幹を意識して撮っています。黒くなった幹が良いアクセントになっています。
b0183370_22235741.jpg

■木の種類によっても印象が異なる:赤が鮮やかです。白い実も作品の良いアクセントになっています。左右に黒くなった幹がありますから画面中央に配しています。このような場合は三分割を意識してずらすと全体のバランスが崩れます。
b0183370_2229527.jpg

■一葉:木枯らし一号が吹くころはイチヨウの木々も葉を落とします。最後まで残った一枚の葉。木枯らし2号が吹けば飛んでしまい寒いふゆがやってきます。その前のはかない抵抗です。画面中央に配して背景にイチョウの木をボケで配しています。形が見えなくても色でイチョウと分かります。
b0183370_2233449.jpg

■思い切った虫の目アングル:撮り終わった後の地面は黄色いジュータンに早変わりします。落葉の上にカメラを置いて撮っています。深い被写界深度が必要ですからニコンDX12-24㎜の12㎜側で絞りf11。距離はマニュアルにして1mにして撮っています。黄色いジュータンが表れました。暖かそうです。
b0183370_22375636.jpg

[PR]
by hanakanji | 2011-11-10 22:38