散歩で写真を楽しもう


by hanakanji
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ヒマワリ撮影バリエーション 3

リはこれからまだまだ撮影できます。特に植物園などでは長く観賞してもらうために開花時期をずらして植えているところもあります。ヒマワリが咲く風景や遊び心など役立ちましたでしょうか。ヒマワリ撮影バリエーションは今回で最後です。
「アップで造形を撮る」
b0183370_14240108.jpg
逆光に光るヒマワリを思い切って半分を切り取りました。花弁の重なりの影や透明感など肉眼では見られない造形美も出ています。背景もヒマワリがあります。色紙的にポイントを付けるために左下に緑の葉を入れています。
「撮影データ」
カメラ:ニコンD7500 レンズ:18-300㎜(270㎜) ISO感度:オート(1000) 絞り:f/8 シャッタースピード:1/1000 露出補正:なし
ホワイトバランス:晴天 ピクチャーコントロール:スタンダード
「造形を撮る2」
b0183370_12480511.jpg
園芸種でしょうか、黄色が多い中でチョコレート色の「ココア」がひときわ目立っていました。背景は植物園の木々たちです。花弁が逆光に透けるポジションから背景の木々たちのまるぼけも入るアングルから撮っています。これも透明感と造形美が強調されています。愕の部分と花弁の明暗差が大きいためDライティングは「より強め」にしています。背景も含め、明暗差が整っています。
「撮影データ」
カメラ:ニコンD7500 レンズ:マイクロ60㎜ ISO感度:オート(1000) 絞り:f/16 シャッタースピード:1/200 露出補正:なし
ホワイトバランス:晴天 ピクチャーコントロール:スタンダード
「夏の思い出」
b0183370_12583168.jpg
公園内の小さなヒマワリ畑です。白い服を着た女性が写真を撮っています。周りには黄色いヒマワリが咲き誇っています。夏の思い出に残る情景です。画面上部に黒い木の枝を大胆に配置して明暗差で暑さを表現しています。暗めの中、小さくても白は存在感があります。
「撮影データ」
カメラ:ニコンDf レンズ:24-85(0㎜ ISO感度:オート(400) 絞り:f/11 シャッタースピード:1/160 露出補正:-0.7
ホワイトバランス:晴天 ピクチャーコントロール:スタンダード
「大胆に太陽を入れる」
b0183370_12590724.jpg
日中にストロボを使うことを「日中シンクロ」と言います。この作品は太陽が西へ傾きだした頃です。ヒマワリの花弁は光っていますが中心部分は暗く練ります。カメラに内臓されているストロボを使って暗くなる中心部を明るくしていますシャッタースピードは1/250秒以下になるようにISO感度は100、絞りは思い切り絞りこみます。
それでも1/250以下にならない場合は偏光フィルターかNDフィルターを使います。ストロボの設定は「スローシンクロ」にします。
「撮影データ」
カメラ:ニコンD200 レンズ:15㎜ ISO感度:100 絞り:f/11 シャッタースピード:1/250 露出補正:-0.5
ホワイトバランス:晴天 ピクチャーコントロール:仕上がり設定Ⅰ

ヒマワリの撮り方、役立ちましたでしょうか。失敗を恐れずに夏の撮影を楽しみましょう!。


[PR]
Commented at 2017-07-25 21:35
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by hanakanji | 2017-07-25 13:15 | Comments(1)