散歩で写真を楽しもう


by hanakanji
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

コスモスの撮り方(Ⅱ)

「秋の爽やかな空気感」
b0183370_14480028.jpg
青空を背景に丘はコスモスが満開です。秋の空の高さと透明感。そして広々とした雰囲気を表現しています。風景写真はパンフォーカスが基本ですが、煩雑に感じることもあります。この場合は20㎜の超広角レンズを使っていますが、近づいて絞りもf/5.6で撮ったことで背景は今の状況がわかる程度のボケになって主題のコスモスが浮かび上がっています。アングルファインダーを使って茎の下から見上げるアングルで撮っています。虫たちはこんな角度で見ているのかな。風景でも絞りは開放~2段絞る~2番絞ると3段階で撮影するようにします。開放値がf/2.8のレンズではf/5.6とf/11です。
「撮影データ」
カメラ:ニコンD800レンズ:20㎜ ISO感度:オート(400) 絞り:f/5.6 シャッタースピード:1/200 露出補正:なし
ホワイトバランス:晴天 ピクチャーコントロール:スタンダード
「コスモスの丘」
b0183370_16004379.jpg
丘に咲くコスモスを表現するために俯瞰撮影をしました。最も密集して咲いている部分と散策路、そして立木が一緒に入るポジション、アングルを探して撮っています。俯瞰撮影で手前に満開のコスモスを手前に配置して右上に散策路、そして左上に立木を配置したことで奥行きと傾斜が感じられ満開の「コスモスの丘」が表現できています。f/22まで絞り込んだことと望遠の圧縮効果が相まってボリューム感のある作品になっています。
「撮影データ」
カメラ:ニコンD7200 レンズ:18-300㎜(65㎜) ISO感度:オート(1250) 絞り:f/22 シャッタースピード:1/200 露出補正:-0.5
ホワイトバランス:晴天 ピクチャーコントロール:スタンダード
「コスモスの川」
b0183370_14391210.jpg
植物園は見栄えがするように人工的季節の草花たちが植えられています。「コスモスの滝」を「イメージしました。無数のコスモスが花を咲かせています。右上と左上に木を配置して木と木の狭い合間を縫ってコスモスが流れてくるようにポジションとアングルを決めて撮っています。180㎜の望遠ですがf/16まで絞り込んだことでパンフォーカスになっていますし俯瞰気味のアングルが手前のコスモスを大きく背景のコスモスを小さく描写したことでボリューム感とともに遠近感もかもそ出されていますし、右上から左下へと流れるコスモスの川も表現されています。画像編集でソフトのフィルター効果をしています。
「撮影データ」
カメラ:ニコンD7200 レンズ:18-300㎜(180㎜) ISO感度:オート(1250) 絞り:f/16 シャッタースピード:1/250 露出補正:-0.5
ホワイトバランス:晴天 ピクチャーコントロール:スタンダード
「人工物を生かす」

b0183370_14492808.jpg
コスモス園の片隅に大きな岩が置かれています。コスモスと岩の対比はミスマッチのようにも思えますがコスモスを借景とした作品かもしれません。あえて武骨で大きな岩を前面に背景に小さくコスモスを配置して撮ったことで幻想的な雰囲気の漂う作品に仕上がっています。コツは岩の大きさと周囲のコスモスの分量です。焦点距離を変えて撮り比べています。プリント時にトリミングで微調整しています。
「撮影データ」
カメラ:ニコンD7200 レンズ:18-300㎜(180㎜) ISO感度:オート(1250) 絞り:f/16 シャッタースピード:1/250 露出補正:-0.5
ホワイトバランス:晴天 ピクチャーコントロール:スタンダード
「秋の影」
b0183370_14550387.jpg
秋が来たといっても、暑いときがあります。丘を吹き抜ける風はさわやかですが降り注ぐ太陽の光は夏日を思わせていました。暑さを表現するために影を利用しました。右側の大きな木の下の右側に影が落ちています。コスモスには光があたっています。背景が影になるポジションから、背景にはコスモスの丘と樹木そして空が見えるアングルから撮っています。木の影が背景になった7輪のコスモスが浮かび上がりポイントも明確になっています。影の部分が多いため思い切った露出補正をしています。
「撮影データ」
カメラ:ニコンD800 レンズ:20㎜ ISO感度:オート(400) 絞り:f/16 シャッタースピード:1/200 露出補正:-1.5
ホワイトバランス:晴天 ピクチャーコントロール:スタンダード

[PR]
by hanakanji | 2017-10-06 20:27 | Comments(0)