散歩で写真を楽しもう


by hanakanji
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

マイクロレンズで撮るコスモス

クロレンズは他のレンズに比べてイメージサークルが大きく無限遠の位置にある太陽や月をピントを外して撮ると作例のように大きく写ります。マイクロ105㎜が効果的です。
b0183370_14464773.jpg
撮影方法見て眩しくなく輪郭がはっきり見えるタイミング①三脚使用②ピント合わせはM(マニュアル)③絞りは開放
     1.太陽にレンズを向けてレンズの距離リングを無限位置から近距離側へ動かす。太陽の大きさが変わってきます。任意の位置で止めます。
      このとき、太陽にはピントを合わせませんのでぼやけています。
     2.コスモスにピントが合うように、コスモスを前後させてピントが合った時点でシャッターを切ります。
     (コスモスは1輪花瓶に入れています)
ベランダで野撮影で逆光ですので、カメラの内臓ストロボを使用しています。
「撮影データ」
カメラ:ニコンD300S レンズ:マイクロ105㎜ ISO感度:400 絞り:f/2.8 シャッタースピード:1/250 露出補正:-1.7
ホワイトバランス:晴天 ピクチャーコントロール:スタンダード 内臓ストロボ使用
b0183370_14463536.jpg
白い花弁に赤い縁取りがかわいいコスモスです。全体を入れて撮ると平凡になります。マイクロレンズで特徴ある部分を大きく、そしてボケを生かして撮っています。
花の写真は方向性がある場合はそちらの方向を広めにするのが基本ですが、この作品では花芯とボケが対角線上に来るようにポジション、アングルを決めています。
バランスのとれた構図になっていますし明るめにした露出もくすみもなくカラッとした雰囲気の作品に仕上げています。ピント位置は花芯の手前に合わせています。
「撮影データ」
カメラ:ニコンD800 レンズ:マイクロ60㎜ ISO感度:オート(400) 絞り:f/4.5 シャッタースピード:1/3000 露出補正:なし
ホワイトバランス:晴天 ピクチャーコントロール:ポートレート
「雨を見方にする」
b0183370_14471031.jpg
本音を言いますと雨の日はカメラは塗れるしレンズの表面に水滴が付いたり撮りにくいですが、雨だから撮れる作品があります。雨で二つの花弁がくっついて、影のような紋様を作っていました。マイクロレンズで影を中心に二つの愕を対角線上に配置したことでポイントが明確になっていますし、バランスも整っています。
「撮影データ」
カメラ:ニコンD300S レンズ:マイクロ105㎜ ISO感度:800 絞り:f/5.6 シャッタースピード:1/800 露出補正:-0.5
ホワイトバランス:晴天 ピクチャーコントロール:スタンダード 

次回予告編の作品です。
b0183370_14441163.jpg
b0183370_23284286.jpg
b0183370_09320983.jpg
b0183370_14443023.jpg



[PR]
by hanakanji | 2017-10-12 09:36 | Comments(0)