散歩で写真を楽しもう


by hanakanji
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

2018年撮り初めは稲村ケ崎

定番ですが今年撮り初めは神奈川県鎌倉市南西部にある岬に位置する「稲村ケ崎」から相模湾越しに江ノ島から富士山が狙えるポイントです。さすがに仕事始めも始まるとカメラマンや観光客みお少なくゆっくりと撮影できました。今回はニコンD7500の多重露光の中にある比較明合成で砂浜に打ちよせる波や富士山を背景に駿河湾の海面を写してみました。日中、岩に打ちよせる波も比較明合成で撮ることで独特の雰囲気の作品になります。また、先日のスーパームーンと画像合成して楽しんでみました。
「定番撮影」
b0183370_12572458.jpg
この時期は午後4時40分ころに日没を迎え、江ノ島のシーキャンドイル(イルミネーション)や江ノ島大橋?にも灯りがともります。この日は期待した空の赤みは出ませ
んでしたがこの地の冬を代表する景観が見られました。何度も同じ場所に通うことで素晴らしい出会いがあります。2月には太陽は江ノ島と富士山の中間あたり、4月5日と6日にはダイヤモンド富士が見られるそうです。海面など動きがあるものの夜景はISO感度を低くしてシャッタースピードを遅くすることがポイントです。自動感度設定は「しない」にします。
「撮影データ」
カメラ:ニコンD7500 レンズ:16-80㎜(60㎜相当) ISO感度:100 絞り:f11 シャッタースピード:1/15秒 露出補正:なし ホワイトバランス:晴天
ピクチャーコントロール:スタンダード
「岩に打つよせる波を撮る」
b0183370_12503624.jpg
打ちよせる波の造形を撮る場合はシャッタースピードを速くします。風景ですから被写界深度も必要です。ISO感度を100にして目の瞬きに近いシャッタースピードで切っています。流れ過ぎず止まりすぎず臨場感あふれる波の作品になっています。このような作品ではレリーズモードをCH(高速連続撮影)で10コマ程度撮るようにします。撮った作品から自分の最も気に入った作品を選びます。
「撮影データ」
カメラ:ニコンD7500 レンズ:12-24㎜(18㎜相当) ISO感度:100 絞り:f11 シャッタースピード:1/180秒 露出補正:なし ホワイトバランス:晴天
ピクチャーコントロール:スタンダード
「手持ちで比較明合成で撮る」
b0183370_12504437.jpg
D7500の撮影メニューの中に多重露光があります。最大で10回の多重露光が可能ですし10回までの「比較明合成」や「比較暗合成」もできます。星空などだけでなく風景でも「比較明合成」で撮ることで日中の明るい場所でも独特の作品になります。静止しているものと動いているものが混在している場面を選びます。また、「加算平均」を選ぶと2回~10回までは自動に適正露出になります。本来は三脚を使いますが、この作品は10回の「比較明合成」で手持ち・CH(高速連続撮影)で撮ったことでブレ葉ありませんがピント位置が微妙にずれたことで独特の作品になっています。
「撮影データ」
カメラ:ニコンD7500 レンズ:12-24㎜(60㎜相当) ISO感度:100 絞り:f11 シャッタースピード:1/350秒 露出補正:なし ホワイトバランス:晴天
ピクチャーコントロール:スタンダード 多重露出:比較明合成10コマ(加算平均)
「湘南の夕景」
b0183370_12533961.jpg
富士山と湘南道路を行きかう車。稲村ケ崎から見た富士山の定番です。行くたびに空の赤さや雲たちが違って飽きることはありませんし。風景写真に限らず同じ場所に何度も通うことで新たな出会いもあります。この作品も10コマの比較明合成(加算平均)で撮っています。一見単なる夕景写真のように見えますが、海面の動きが滑らかになっています。しっかりした三脚とリモートコードで切っていますが、カメラブレを防ぐために連続撮影ではなくシャッター感覚を5秒程度にして一コマ撮影で10コマ切っています。
「撮影データ」
カメラ:ニコンD7500 レンズ:16-80㎜(80㎜相当) ISO感度:100 絞り:f11 シャッタースピード:1/2秒 露出補正:-1.0 ホワイトバランス:晴天
ピクチャーコントロール:スタンダード  多重露出:比較明合成10コマ(加算平均)
「そのものズバリを撮る」
b0183370_13444252.jpg
オレンジ色の空を背景にシルエットになった富士山。浜辺ではまだ遊びをた楽しんでいます。この作品も比較明合成10コマ(加算平均)で撮っています。微かな水面の反射や波の動き、そして富士山の雪をまとった山肌や手前の山並みまで写しだされています。橋の灯りもよいポイントになっています。比較明合成は星の軌跡だけでなく
昼夜を問わず「静と動」が混在する被写体では新たな表現方法の一つと言えます。
「撮影データ」
カメラ:ニコンD7500 レンズ:70-200㎜(185㎜相当) ISO感度:100 絞り:f11 シャッタースピード:1/6秒 露出補正:-0.5 ホワイトバランス:晴天
ピクチャーコントロール:スタンダード 多重露出:比較明合成10コマ(加算平均)
「スーパームーンと富士山」
b0183370_12493716.jpg
「写真は真実を写す」と言われますが、デジタルカメラでは今までできなかったことが特別なソフトを使わずにカメラ内部の機能で出来るようになりました。写真は楽しんで撮ることが大切です。この方向には月は出ません。D750の画像合成で作っています。2018年1月2日の月はスーパームーンでしょうか特別大きく見えました。
70-200㎜の200㎜側でいろいろな所に月だけを写しました。200㎜側ですが、DXカメラですから焦点距離は350㎜相当になります。2018年1月6日稲村ケ崎の風景と画像合成で遊んでみました。画像合成の画質モードはRAWですが、撮った画像はメモリーカードに保存されます。後日、同じカメラで同じメモリーカードを使って風景を撮って、カメラ内で画像合成しました。
「撮影データ」
カメラ:ニコンD7500 レンズ:16-80㎜(56㎜相当) ISO感度:100 絞り:f11 シャッタースピード:1/4秒 露出補正:-0.5 ホワイトバランス:晴天
ピクチャーコントロール:スタンダード 画像合成:満月70-200㎜(200㎜)





[PR]
by hanakanji | 2018-01-07 14:25 | Comments(0)