散歩で写真を楽しもう


by hanakanji
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

早春に咲く

冬の植物園では花たちは眠りの最中で色がなくさみしい雰囲気が漂いますが、早いものでは12月下旬から咲き始めるロウバイは手で触ると溶けてしまいそうなロウ細工みたいな花びらと甘い香りで春の足音を感じさせてくれます。また、特長的なマンサクも同じころに花を咲かせ冬の植物園を楽しくしてくれます。
「冬に咲く」
b0183370_22130962.jpg
冬の光を浴びて大きく花弁を広げています。ロウバイは梅と同様に枝に葉がありませんのでバランスを整えることが大切です。花の撮影では定番ですが、咲いている花と蕾を配置してバランスを整えているのと背景にもボケたロウバイを配置して次々に咲いてくるような雰囲気を表現しています。
「撮影データ」
カメラ:ニコンD750 レンズ:マイクロ60㎜ ISO感度:400 絞り:f5.6 シャッタースピード:1/4000秒 露出補正:なし ホワイトバランス:晴天
ピクチャーコントロール:スタンダード
「解けそう」
b0183370_22133324.jpg
手で触れば解けてしまいそうな雰囲気を出すために逆光で撮っています。「冬に咲く」は順光で造形美が出ていますし逆光で撮ることで花びらに透明感が生まれてイメー
ジ通り手で触るだけでも溶けてしまいそうな雰囲気が醸し出されています。この作品も蕾がバランスを整えています。
「撮影データ」
カメラ:ニコンD300s レンズ:18-55㎜(55㎜) ISO感度:400 絞り:f8 シャッタースピード:1/500秒 露出補正:なし ホワイトバランス:晴天
ピクチャーコントロール:スタンダード
「木の陰を利用する」
b0183370_22122588.jpg
これだけ離れるとロウバイは小さく単調な画面になります。ロウバイは右1/3、背景に木の幹を大胆に大きく左1/3に配置して単調さを防ぐと同時にバランスも整えています。また、主題のロウバイの背景に草の緑が来るようにポジション、アングルも決めています。ロウバイより暗い背景が多いため-0.5の露出補正をしています。
「撮影データ」
カメラ:ニコンD7000 レンズ:18-200㎜(200㎜) ISO感度:400 絞り:f5.6 シャッタースピード:1/90秒 露出補正:-0.5 ホワイトバランス:晴天
ピクチャーコントロール:スタンダード
「過密」
b0183370_22120451.jpg
V字形に枝分かれ細い枝にローバイが満開です。このような被写体は一輪だけは撮れませんので全体の形をポイントにします。ロウバイは低木ですから背景に他の木々たちや空が入るアングルから撮っています。冬の日差しも感じられます。
「撮影データ」
カメラ:ニコンD7100 レンズ:18-55㎜(55㎜) ISO感度:400 絞り:f11 シャッタースピード:1/400秒 露出補正:なし ホワイトバランス:晴天
ピクチャーコントロール:スタンダード
「絞りも変えて撮ります」
b0183370_22113357.jpg
b0183370_22114327.jpg
被写界深度(ピントを合わせた前後どこまではっきり見えるかの範囲)はレンズの焦点距離と設定絞り値と撮影距離で決まります。
上下ともにレンズはマイクロ105f2.8で撮影距離は約50㎝です。
上:f2.8開放で撮っています。花芯にピントは合っていますが背景のボケが大きく小枝のボケも目立っています。
下:f/16背景のロウバイの形もわかりますし枝のボケも気になりませんし臨場感も醸し出されています。
絞り設定は開放絞りだけではありません。迷った時は撮り比べるようにしましょう。

[PR]
by hanakanji | 2018-01-14 23:05 | Comments(0)