散歩で写真を楽しもう


by hanakanji
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

2018年 02月 03日 ( 1 )

冬は雨や雪で寒いと写真を楽しむモチベーションは下がりますが、水族館は雨にもぬれませんし風の影響もなく快適な撮影が楽しめます。一歩、水族館や水族園に足を踏み入れるとそこはカラフルな魚たちの「ワンダーランド」が広がっています。館内は思った以上に暗い場所が多いようです。写真の基本はブレのないことです。ブレを防ぐには速いシャッタースピードで切ることが基本です。水槽のアクリルガラス(?)の厚みは水槽の規模によって25㎝から60㎝まであるようですし、平面でなく曲線の水槽もあるようです。これらを踏まえて水族館や水族園の撮影はカメラの設定や撮影のコツを学ぶことで楽しい写真が撮れます。今回は葛西臨海水族園で出合った魚たちです。
「カメラの設定」
ホワイトバランス   :オート1か晴天が基本。
            *撮った画像を液晶面で見て決めます。場合によっては「蛍光灯」でもかまいません。
ピクチャーコントロール:スタンダードが基本。
            *カラフルなイソギンチャクや照明下ではポートレートが見た目に近い写りになります。
ISO感度      :見た以上に暗い場面が多くあります。ISO感度を高くして速いシャッタースピードを得ます。
            最近のカメラは高感度でもあまりノイズは感じません。私のISO感度設定は通常400で感度自動制御の制御上限を6400にしています。6400で
            思ったようなシャッタースピードが得られない場合は12800や20000でも撮ります。高感度ノイズ低減を「強め」にしています。
レンズ        :撮影場所や撮影距離が限られるので広角から望遠を含んだズームレンズが効果的です。18-300㎜や28-300㎜はすべての焦点距離域でレンズの
            先端から約40㎝程度まで近づけますので一本でほとんどの撮影ができます。
            小さなクマノミやクラゲなどを大きく撮る場合はマイクロレンズが効果的です。
ピント合わせ     :基本はオートフォーカス(AF-S)でピント合わせができます。AFで合わないときはM(マニュアル)にして手動でピント合わせをします。
水槽とカメラの位置  :平行になるようにポジション、アングルを決めます。
            *斜め下や上から撮ると屈折が異なるためピントは狙った所に合いませんし、遠近感もなくなりファインダーをのぞき続けると乗り物酔いのよ 
             うな不快な気持ちになることもあります。
背後の写りこみを防ぐ :室内の撮影になりますので照明などがアクリル面に反射することがあります。レンズフードを付けてカメラをアクリルに付けて撮ることで反射 
            は写りません。
「まぐろ」の回遊を撮る:まぐろの動きを撮るコツは露出モードをシャッター優先(S)にしてシャッタースピードを1/15秒~1/30秒にしてまぐろの動きに合わせてカメ
            ラを動かしながらシャッターを切ります。レリーズモードは高速連続撮影(CH)で撮って目がハッキリと写っている画像を選びます。
「入口」
b0183370_12352958.jpg
小さな水槽の中にイソギンチャクがいました。背景は暗く入り口を警護しているようです。画面左上に明るい部分を入れたことで洞窟の入り口のようにも見えます。この作品も水槽とカメラを平行にして撮っています。背景が暗くISO3200でもシャッタースピードは1/6秒しかなりませんでした。
「撮影データ」
カメラ:ニコンD7500 レンズ:マイクロ60㎜ ISO感度:オート(3200) 絞り:f/8 シャッタースピード:1/6秒 露出補正:なし ホワイトバランス:オート1 ピクチャーコントロール:スタンダード
「竜宮城」
b0183370_12472507.jpg
イソギンチャクや岩肌、魚が艶やかで竜宮城を思い浮かべます。カラフルさを強調するために水槽の前まで行って水面の反射も入るアングルから撮っています。艶やかさが倍増されてきらびやかなイメージ通りの「竜宮城」が表現されました。
「撮影データ」
カメラ:ニコンD7500 レンズ:18-300㎜(48㎜) ISO感度:オート(6400) 露出モード(プログラムオート)絞り:f/5.3 シャッタースピード:1/60秒 
露出補正:なし ホワイトバランス:オート1 ピクチャーコントロール:スタンダード
「回遊」
b0183370_23004735.jpg
右側から高速で回遊するマグロを10.5㎜の魚眼レンズで水槽前約50㎝から撮っています。シャッタースピードは1/30秒にしてまぐろの動きに合わせてカメラを動かして
10コマの連続シャッターを切っています。このカットだけが目にピントが合っていますし適度な背景のブレが動きも出しています。
「撮影データ」
カメラ:ニコンD7500 レンズ:10.5㎜ ISO感度:オート(400) 露出モード(プログラムオート)絞り:f/3.3 シャッタースピード:1/30秒 
露出補正:なし ホワイトバランス:オート1 ピクチャーコントロール:スタンダード
「水中の天使」
b0183370_12355112.jpg
ふぐの仲間?大きな目でほっぺをふくませながら両手を広げたようなしぐさがクリオネのようにも見えますし黄色い天使のようにも見えます。レタッチで正方形にしたこと視線が集中されてでかわいさと造形美が強調されました。ピクチャーコントロールも風景にしてコントラストを高めたています。。
「撮影データ」
カメラ:ニコンD7500 レンズ:マイクロ60㎜ ISO感度:オート(400) 絞り:f/3 シャッタースピード:1/350秒 露出補正:なし ホワイトバランス:オート1 ピクチャーコントロール:風景
「キッス」
b0183370_12350808.jpg
この作品もレタッチで正方形にしています。とがった口元がまるでキッスをしているようで、トロントしたような眼がかわいさも伝えています。レタッチで正方形にしたこととピクチャーコントロールも風景にし手コントラストを高めたことが相まって色と形が強調されています。。
「撮影データ」
カメラ:ニコンD7500 レンズ:マイクロ60㎜ ISO感度:オート(3200) 絞り:f/8 シャッタースピード:1/180秒 露出補正:なし 
ホワイトバランス:オート1 ピクチャーコントロール:風景
「イルカ?」
b0183370_12375913.jpg
イカを連続撮影。前後の動きが思った以上に速くピント合わせに苦労しましたが連続撮影したおかげでイルカのような形で写っていました。特にカメラの性能の上、横に動く被写体より前後に動く被写体の方がAFでのピントは合いにくいため、連続撮影が基本です。
「撮影データ」
カメラ:ニコンD7500 レンズ:マイクロ60㎜ ISO感度:オート(5000) 絞り:f/4.5 シャッタースピード:1/200秒 露出補正:なし 
ホワイトバランス:オート1 ピクチャーコントロール:風景
「見返り美人」
b0183370_12402668.jpg
浮世絵の「見返り美人」のようです。、人気のクラゲです。長い尻尾をゆらゆらさせて優雅に泳ぐ姿から「癒しを」覚えるのでしょうか。水槽にカメラを近づけて天井の照明が入らないようにして連続撮影で撮っています。露出補正をしても背景は真っ暗になりませんので、キャプチャーNX-Dの「ブラックポイント」を背景の黒と思われる所に打つことで自動でこのような作品になります。2-3回繰り返してもかまいません。
「撮影データ」
カメラ:ニコンD7500 レンズ:マイクロ60㎜ ISO感度:オート(6400) 絞り:f/4.8 シャッタースピード:1/60秒 露出補正:-1.0 
ホワイトバランス:オート1 ピクチャーコントロール:風景
「宇宙船」
b0183370_09321951.jpg
発光するクラゲ。不思議です。生命の神秘さを感じます。あえて照明光の丸ボケが入るポジション、アングルから撮っています。宇宙を漂う「宇宙船」のようになりました。これも「ブラックポイント」で背景を暗くしています。イメージ通り宇宙を飛ぶ「宇宙船」が現れました。
「撮影データ」
カメラ:ニコンD7500 レンズ:マイクロ60㎜ ISO感度:オート(4000) 絞り:f/4.8 シャッタースピード:1/200秒 露出補正:-2.0 
ホワイトバランス:オート1 ピクチャーコントロール:風景
「遊泳」
b0183370_09324811.jpg
発光するクラゲ。神秘性を感じます。なぜ光るのか・・・・自然界には不思議な生物がいるもんです。
「撮影データ」
カメラ:ニコンD7500 レンズ:マイクロ60㎜ ISO感度:オート(6400) 絞り:f/4.5 シャッタースピード:1/30秒 露出補正:-1.0 
ホワイトバランス:オート1 ピクチャーコントロール:風景
「光る松茸?」
b0183370_09485861.jpg
こんなクラゲもいました。上から見ると「光る松茸」のようです。この作品も暗いところに「ブラックポイント」を打つだけで背景が暗くなりまるで松茸のような形が浮かび上がりました。クラゲのいる水槽は背景が暗い場面が多いようです。ニャプチャーNX-Dの「ブラックポイント」の使い方を覚えると、クラゲだけでなく様々な場面で役に立ちます。
「撮影データ」
カメラ:ニコンD7500 レンズ:マイクロ60㎜ ISO感度:オート(2500) 絞り:f/3 シャッタースピード:1/200秒 露出補正:-1.5
ホワイトバランス:オート1 ピクチャーコントロール:風景


[PR]
by hanakanji | 2018-02-03 09:54 | Comments(0)