「ほっ」と。キャンペーン

散歩 de 写真を楽しもう


by hanakanji
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2011年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ニコンカレッジ

■ニコンカレッジの撮影実習で昭和記念公園へヒガンバナとコスモスを撮りに行ってきました。
台風15号の影響でヒガンバナは倒れたものが多くありましたが、咲き頃、写し頃のものもあり結構楽しめました。ただ、見た目は変わった花ですが、写真のするとどのように写すか頭を悩ませます。今回のニコンカレッジは「マイクロレンズで撮るがタイトルですからアップを中心にとって見ました。
■真っ赤に燃える炎をイメージして撮っています。
b0183370_2095329.jpg

■咲き始めです。緑の茎の間から顔を出しています。赤い花だけでしたらきつい印象ですが緑が入ることで中和されています。かわいさも強調されています
b0183370_20101790.jpg

■光をイメージして撮っています。背景が日向なるところを狙い丸い木漏れ日を生かしたことで秋の光が表現されています。
b0183370_20105733.jpg

■水滴アート:ヒガンバナの前に霧吹きで水滴を付けたアクリル板(CDケースで十分))を置いて、水滴に写りこんだヒガンバナにピントを合わせて撮っています。夢のある作品に仕上がっています。コツはアクリル板とカメラが並行になる位置を探して撮ることです。
b0183370_20115398.jpg

[PR]
by hanakanji | 2011-09-29 20:20

追加

コスモスの一作例がアップされていませんでした。追加します。
ストロボ使用分です。
b0183370_2112894.jpg

[PR]
by hanakanji | 2011-09-24 21:01

被岸の日

ヒガンバナまだ駄目かと思っていても「お彼岸の日」になると不思議と咲きます。このころの田圃はみのりの秋を迎え黄金色に輝いています。ヒガンバナの赤と稲穂の黄色が織りなす光景は秋の里山の風物詩です。
今年は台風15号の影響で多くのヒガンバナは倒れて写真になりにくい状態でした。
■午後3時。この時間帯は逆光になりヒガンバナの赤と稲の小金い色のコントラストが最も映える時間帯です。ニッコ-ル55-300の300㎜側で撮っています。逆光ですから+0.5EVの露出補正です。
b0183370_20552315.jpg

■そのものズバリ撮っています。台風にも負けず健気に咲いていました。蕾を入れての定番ですが緑の背景から浮かびあがっています。この作品もニッコ-ル55-300で200㎜側で撮っています。このレンズは小さくて軽く使いかっての良いレンズです。
b0183370_20554785.jpg

■撮り比べる。青い空に白い雲。まさに秋の風情です。空とヒガンバナは逆光です。そのまま撮ればヒガンバナは真っ黒になります。ストロボを使ったことで明暗差のない画像が得られています。カメラはD7000の内臓ストロボです。
b0183370_20561577.jpg


○ynyanさんコスモスの作品はマイクロ105㎜をf4で撮ったから花と蕾にピントが合うのではなく、カメラに対して花と蕾が同じ距離になるところを探して撮ることで、開放絞りでも両方にピントが合います。このことをフォーカス面と言います。
[PR]
by hanakanji | 2011-09-24 20:59
9月も中旬ですのに台風通過後は真夏に戻ったような暑さです。
でも草花たちにをみることで確実に秋が来ていることを知らされます。コスモスも植物園をはじめ、いたるところで咲さきだしています。
■木陰を生かして撮る
広い植物園の片隅の一角にコスモスが咲いていました。上部に木の茂みを配したことで額縁効果も生まれています。
b0183370_1730254.jpg

■秋の空
澄み切った空、流れる雲。まさに秋の風景です。広角レンズで近づいてコスモスを大きく捉えたことで遠近感のある画面になっています。絞りもf16まで絞り込んだことでシャープな画像になりきりっとした空気感まで表現されています。
b0183370_1731854.jpg

■マイクロレンズで撮る
マイクロレンズgは近接撮影が得意なレンズです。コスモスをアップで撮ってみました。花だけなら単調になります。蕾を入れて変化を付けていますし、背景のマーブル調のボケも作品に彩りを添えています。逆光で撮っていますので色が濁らないようにプラス0.5EVの露出補正をしています。ニコンマイクロ105㎜VRで絞f4で撮っています。
b0183370_17345474.jpg

[PR]
by hanakanji | 2011-09-15 17:40

初秋

人工物を利用する
大山のふもとの牧場です。ここにも初秋の光が満ちていました。
敢えて柵を配して画面に変化を付けてみました。額縁効果も狙った構図です。
b0183370_20401071.jpg

前ボケを生かす
単にコスモスだけを撮るより、前ボケを生かした撮り方(レンズの表面に緑の葉かピンクの花がくっついている状態)です。平凡なコスモスでなく優しさとともに秋の光も感じさせています。
b0183370_20443184.jpg

b0183370_20444417.jpg

雨の日もシャッターチャンス
雨の日には思いがけない被写体に出会えます。二輪のコスモスが雨に打たれてくっついていました。
花びらの影が作品にアクセントをつけています。雨の日だから撮れた作品です。
雨を見方に!撮影を楽しみましょう。
b0183370_20471492.jpg

[PR]
by hanakanji | 2011-09-07 20:47

ごぶさたでした

台風12号の影響か、東京でも強い雨と風が吹いています。
ご無沙汰でした。8月10日から24日までニコンサロンbis大阪でも個展「里山の彩り」も無事終了しました。
「ふるさとに帰ったみたい」「なつかしい土のにおいがする」「癒し」と多くの人達から賛辞をいただきました。
 さて、9月の声とともに里山では可憐なコスモスたちが咲き始めました。
天高く・・・・のコスモスは秋の日に似合います。
広角レンズでてんに向かって伸びゆく姿を表現しました。青いそらに白い雲が秋らしい雰囲気をかもしています。レンズは18-200㎜の18㎜側でf16で撮っています。
b0183370_21595472.jpg

広場ではキバナコスモス」が満開です。正面より後から撮ることで緑のガク?部分が良いアクセントになっています。花の写真は正面!の固定観念はすてていろいろな角度から撮るようにしましょう。
レンズは70-300㎜の300㎜側です。下部の緑のボケも効果的ですし、逆光による透明感が秋のカラッとした空気感までかもし出しています。
b0183370_2213490.jpg

ボケを生かして撮りました。そのままでは平凡な印象はぬぐえません。手前にピンクの大きなボケを入れたことで夢のある作品になっています。
マイクロ105㎜でf4で撮っています。露出補正は+0.5EVです。
b0183370_224193.jpg

[PR]
by hanakanji | 2011-09-02 22:06