「ほっ」と。キャンペーン

散歩 de 写真を楽しもう


by hanakanji
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29

<   2012年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

冬晴れのフォルム

例年なら、この時期は白梅、紅梅の香りが漂っていますが、今年は全国的に寒いひが多く、関東地方の梅の名所もチラホラ状態です。でも、天気の良い日は艶やかな色はないものの抜けるような碧い空と枯れた木々たちのハーモニーや黄色いロウバイが彩りを添えてくれます。
■冬晴れ:蒼い空に白い雲。そして黄色く染まったヒマラヤスギ。絶好の冬晴れのフォルムです。
カメラをのぞきながらズーミングしてお互いのバランスを中心に撮っています。
b0183370_2222943.jpg

■凛として:春、秋に咲くバラたちは彩りも多く満面の笑みを浮かべているように見えますし、多くの人達からも賛辞の声が上がります。北風が吹くころでもがんばっている「バラ」はいます。葉を落したヒマラヤスギを背景に孤高の人のようなバラが一輪、空に向かってりりしく咲いています。
b0183370_2210397.jpg

■冬光:この時期でも赤い蕾を付けています。賑やかな時期が過ぎて周りは無機質なような状態ですが、冬の光を浴びて咲くバラに本当の美しさと気高さを感じます。
b0183370_221095.jpg

■春:蕎麦屋さんの店先の大きな瓶の中に無造作に活けられていました。笹が背景になるようにカメラポジションとアングルを工夫して撮っています。ネコヤナギの柔らかな毛?が温かさを、笹の緑が爽やかさを表現しています。
b0183370_22132464.jpg

[PR]
by hanakanji | 2012-02-20 22:13

梅の便り

観測史上最大級の寒波の襲来で、開きかけていた梅の蕾もこの寒波にためか一服状態です。
でも、自然と言うのはふしぎなもので、季節になれば例年どおりの花を咲かせます。そんなときのために梅の撮り方を解説します。梅の撮影は、全体を撮る方法と望遠レンズで大きなボケを生かして撮る方法、マイクロレンズでは形を重視した撮影方法があります。
■かほり:葉のない樹ですが他の花木にはない枝の形を持っています。
一枝の咲に早春の光を浴びた一輪の梅が輝いていました。「多重露光」で撮影したことでほのかな香りも感じられます。
b0183370_22162699.jpg

■大阪城の梅林での撮影です。このポイントは紅梅と白梅が重なりあい、望遠レンズで撮ると圧縮効果でボリューム感も表現できます。
b0183370_22333135.jpg

■ボケで邪魔なものを隠す:望遠レンズは遠くのものを大きく撮ることと大きなボケが得られることにあります。
70-300㎜(270㎜相当)で手前で目立った剪定後の切株も大きなボケで隠したことで画面もすっきりしましたし柔らかな雰囲気も表現されました。
b0183370_22262476.jpg

[PR]
by hanakanji | 2012-02-02 22:33