散歩で写真を楽しもう


by hanakanji
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2014年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

いよいよ1ケ月後に迫ってきました。5月15日(木)から21日(水)までニコンサロンbis大阪
(大阪市北区梅田2-2-2 ヒルトンウエストオフィスタワー13階 ニコンプラザ大阪内
TEL:06-6348-9698
で柿本完二写真展「ふぉるむ」の作品はこんな作品です。写真展会場では40点を展示します。
今回はプレビューです。あなたは、どんな印象を受けますか?
b0183370_2210187.jpg

b0183370_22103294.jpg

b0183370_22104818.jpg

b0183370_22113544.jpg

b0183370_221255.jpg

b0183370_22124585.jpg
b0183370_22152877.jpg
b0183370_22195032.jpg
b0183370_2220283.jpg

b0183370_22213298.jpg

[PR]
by hanakanji | 2014-04-18 22:21 | Comments(0)

♪咲いた 咲いた♪

今の関東地方はの桜は八重桜が見ごろ・写しころを迎えていますが、ソメイヨシノなどはすでに葉桜になっているところがあります。まさに、一夜のうちに咲いて、一夜のうちに散る姿は日本人の美意識の一つの「潔さ」を感じます。桜にお次は赤、黄、白のチューリップやポピーたちが「きれいに」写されるのを待っています。
■こんなにカラフルに咲きました
東京都立川市と昭島市にまたがる昭和記念公園のチューリップです。毎年4月中旬には数えきれないほどの赤や黄色、白のチューリップ達が咲ききそっています。一面のチューリップの中でムスカリの紫と形が変化を付けています。広角レンズで花壇まで近づいて俯瞰撮影しました。このような場面では全体にピントを合せる必要があります。また、全体が主役です。ピントは手前から1/3の所に合せています。各色のチューリップがバランスよく納めるのがコツです。
【D7000+12-24㎜(12㎜) f/22 ISO400 1/250ホワイトバランス:晴天 露出補正-.05  】
b0183370_21393052.jpg

■天高く
鉢植えのチューリップです。広角レンズを使って真下から撮っています。広角接写です。左上のチューリップに太陽を隠しています。逆光で赤い花弁と黄色いガク?が透明感を持って表現されたことで春の光が強調されましたし、太陽に向かって伸びて付く勢いも感じられますス。三角形構図にしたことで安定感も出ています。
【D300 17-35㎜(17㎜) f/11 ISO400 1/1000 ホワイトバランス:晴天】
b0183370_21432192.jpg

■水辺の旋律
同じ渓流広場での作品です。この日は天気も良く水面が輝いていました。水面を背景にチューリップを横一列に配置しました。まさに、童謡の「チューリップの歌」の世界が垣間見えます。春の雰囲気や楽しさを壊さないように多少ハーキー調(明るめ)で撮っています。また、300㎜の望遠レンズでf/5.6(開放絞り)にしたことで背景の水面と対岸が大きなボケになったことも主役のチューリップを浮かび上がらせてリズムも生まれています。淡い色彩にするためピクチャーコントロールはポートレートです。
【D7000 55-300㎜(300㎜) f/5.6 ISO400 1/1000 ホワイトバランス:晴天 露出補正:+0.5】
b0183370_21454316.jpg

■薫 風
初夏を思わせる汗ばむ陽気でしたが柳の若葉も風になびいて
薫風を感じさせていました。木の下には赤や黄色のチューリップたちが幼稚園児がかぶる帽子のようにも見えました。構図に決まりはありませんし主役は大きく入れるのが基本ですがきまりはありません。自由な発想が大切です。画面注中央部に柳の木を配しン緑一色の画面の中でチューリップが占める量は少ないですがコントラストがあって最も目立っていますから、この場合はチューリップが主役です。可愛さが強調されました。
【D7000 70-300㎜(300㎜) f/11 ISO800 1/250 ホワイトバランス:晴天 露出補正:-1.0】
b0183370_21474630.jpg

□カラフルなボケを生かす
統チューリップと同じころに咲きます。チューリップよりも細い茎に不釣り合いほどの大きな花を咲かせます。
桜、チューリップと同様に赤色、黄色、白色のポピー達も春を彩ります。望遠レンズでカメラアングルをオレンジ色のポピーに合せています。画面下には黄色いポピーをボケで入れています。春らしい軽やかな印象を表現するにはオーバー気味の露出が効果的です。また、少しの風でもブレてしまいます。速いシャッタースピードが効果を発揮します。
【D7000 55-300㎜(300㎜) f/5.6 ISO400 1/125 ホワイトバランス:晴天 露出補正:+0.5】
b0183370_2149365.jpg

□曇天は思い切った露出補正
曇天や雨の日の空はカメラにとっては強い逆光条件です。この日も曇天でグレーの空が一面を覆っていました。カメラにアングルファインダーを装着して地面の上に置いて、広角13㎜でポピー達の並びに注意しながら撮っています。モンシロチョウが飛んでいる姿をイメージしたために+3.0の思い切った露出補正をしています。空は完全に白飛びしていますがイメージ通りの作品になっています。白飛びよりもイメージ優先で撮りましょう
【D7000 12-24㎜(13㎜) f/16 ISO1600 1/250 ホワイトバランス:晴天 露出補正:+3.0】
b0183370_21511435.jpg


速報!
5月15日(木)から21日(水)までニコンサロンbis大阪
7月8日(火)から14日(月)までニオコンサロンbis新宿
で柿本完二個展「ふぉるむ」を開催します。植物たちの面白おかしい百面相です。
興味のある人は見に来てくださ~い!
[PR]
by hanakanji | 2014-04-07 21:56 | Comments(0)