散歩で写真を楽しもう


by hanakanji
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

花菖蒲を撮る

水辺を華麗に彩る花菖蒲の季節になりました。花の写真は季節や天候で出来上がりが大きく違ってきます。晴天下に向く花。雨天に向く花と様々です。花菖蒲はどちらかと言うと、曇天や雨、雨上がりが花の姿から風情を感じることができます。また、撮影方法については、環境まで撮りこんで、場所の説明やポイントにすることで花菖蒲が咲く風景。アップで撮ることで造形、雨の日や雨上がりで撮ることでしっとり感や風情が表現されます。また、望遠レンズやマイクロレンズではレンズの特性を生かしたボケを取り入れてやさしい雰囲気の撮影ができます。

「雨の菖蒲園」
b0183370_22182464.jpg
雨上がりの「横須賀菖蒲園」です。撮影に出かけた時は写真には遅く花弁も大きく垂れている状態でアップで撮ると形の崩れた花菖蒲の作品になります。広角側で撮ることで広い範囲が写りこんで環境もわかりますし花菖蒲が小さく写り形の崩れは目立ちません。場所の説明とバランスを整えるために右上に水車小屋?を配置しています。
「撮影データ」
カメラ:ニコンD800 レンズ:24-120㎜(32㎜) ISO感度:オート(800)絞り:f/16 シャッタースピード:1/60 露出補正:-0.5
ホワイトバランス:晴天 ピクチャーコントロール:ポートレート

「雨だから撮れた作品」
b0183370_22172503.jpg
雨の日の撮影は苦労します。先に書きましたように被写体によってその日の天候で作品の出来が違ってきます。雨が降っています。晴天では水の中が写りこみますが水面に出来た波紋がそれらを隠していますし、光も均一にあたり波紋と相まってしっとりした雰囲気の作品になっています。
「撮影データ」
カメラ:ニコンD800 レンズ:24-120㎜(42㎜) ISO感度:オート(800)絞り:f/5.6 シャッタースピード:1/250 露出補正:-0.5
ホワイトバランス:晴天 ピクチャーコントロール:ポートレート

「これも花菖蒲」
b0183370_22192660.jpg
ピントが自分が主題に選んだところに合わせるのが基本です。手前のつぼみにピントを合わせて、背景の咲いている花菖蒲を大きくぼかしています。紫と黄色で花菖蒲と分かります。基本にとらわれず自分の発想を大切にしましょう。このような場面では、この作品のように「つぼみ」と背景の「花」の合わせたものと撮り比べて、自分の気に入った方を選びます。
「撮影データ」
カメラ:ニコンD700 レンズ:70-180㎜(42㎜) ISO感度:オート(400) 絞り:f/11 シャッタースピード:1/90 露出補正:-1.0
ホワイトバランス:晴天 ピクチャーコントロール:スタンダード

「前ボケ」
b0183370_22203998.jpg
後ろボケは被写体の形が強調されますが、前ボケはやさしい印象が強調されます。ボケの作り方は難しくありません。この作品では、手前の植え込みまでは約1m。ピントは後ろの花菖蒲に合わせてています。撮影距離は約3mです。望遠側で絞り開放にすることで手前が大きくボケます。邪魔なものを隠す効果と画面を整理する効果があります。コツは望遠側で開放絞りでレンズの直前にぼかしたものを配置することです。
「撮影データ」
カメラ:ニコンD800 レンズ:24-120㎜(120㎜) ISO感度:オート(800)絞り:f/4 
シャッタースピード:1/250 露出補正:なし ホワイトバランス:晴天 
ピクチャーコントロール:ポートレート

「画像編集・フィルター効果を使う」
b0183370_22175551.jpg
雨上がり、背景は霞がかかったようになっています。撮影時期が遅く、ほとんどの花菖蒲の数はまばらになっていますし、花弁にもハリがありません。アップにするとそれらが目立ちますので70㎜で全景を入れて個々の花が目立たないようにしています。また、開放絞りで背景をぼかして雨上がりの雰囲気を醸し出していますし、画像編集のフィルター効果(ソフト)でやさしさとけだるさも表現しています。
「撮影データ」
カメラ:ニコンD750 レンズ:70-300㎜(70㎜) ISO感度:オート(800)絞り:f/4.5 シャッタースピード:1/500 露出補正:+.5
ホワイトバランス:晴天 ピクチャーコントロール:ポートレート


[PR]
# by hanakanji | 2017-05-19 09:59 | Comments(0)

ズームレンズで花を撮る

花の写真はマイクロレンズ!と固定観念を思っていませんか。最近の高倍率ズームレンズ(ニコンでは18-300㎜や28-300㎜)の最短撮影距離が約50㎝程度(レンズの先端から被写体までは約30㎝)まで近づくことができます。公園や植物園などの花壇での撮影では制約もありズームレンズが最も便利です。ボケが自然でないとか言われる人もいますが、被写界深度は①焦点距離②絞り設定③撮影距離で決まります。300㎜側でf/5.6の開放。最短撮影距離まで近づいて撮るとピントを合わせた前後が大きなボケになります。また、ズームレンズで撮った作品は何かはっきりしない!という人もいます。高倍率ズームレンズは大きくて重いためほとんどは「手ブレ」が原因のようです。出来るだけ早いシャッタースピードで切ることで「手ブレ」を軽減できます。そのためにISO感度を高めます。私は、ISO感度を自動設定にしています。被写体の明るさや焦点距離に応じてカメラがISO感度を変えて早いシャッタースピードで切ってくれます。ISO感度を高めると「ノイズ」が出るという人もいます。「手ブレ」や「被写界深度」はレタッチで救えませんが、ノイズはカメラ側やレタッチで軽減することができます。添付写真の「ボケ」や「ノイズ」も見てください。自分が納得すればいいと思います。
「ムラサキツユクサ」
b0183370_21575719.jpg
公園の木陰に咲いていました。この日は曇天ですが柔らかな光が「ムラサキツユクサ」に降り注いでいます。背景には大きな立木があり、明暗差も生まれています。曲線を描いている葉の形と大きなボケで背景をすっきりさせるために、近づいて、絞りを開けて撮っています。イメージ通り大きなボケで主題が浮かび上がっていまし動きとバランスも整った作品になっています。
「撮影データ」
カメラ:ニコンD750 レンズ:28-300㎜(300㎜) ISO感度:オート(1000)絞り:f/8 シャッタースピード:1000 露出補正:無し
ホワイトバランス:オート1 ピクチャーコントロール:ポートレート

「シラン:玉ボケを生かす」
b0183370_21590062.jpg
大きな木の下に咲いている「シラン」を大きなボケと木々たちの樹間から洩れる光を玉ボケでとらえています。にぎやかさと初夏の光が感じられます。水彩画のような暖かさを出すためにレタッチで明るくしています。撮影距離は約60㎝ですが暗い場所ですのでカメラはISO感度を5600に設定しています。手ブレもなく大きなボケ、そして玉ボケも入りイメージ通りの作品に仕上がっています。
「撮影データ」
カメラ:ニコンD750 レンズ:28-300㎜(20㎜) ISO感度:オート(5600)絞り:f/8 シャッタースピード:1/750 露出補正:+0.5
ホワイトバランス:晴天 ピクチャーコントロール:ポートレート

「シラン:前ボケと玉ボケ」
b0183370_21520890.jpg
「シラン:玉ボケ」と同じ被写体です。前ボケを作るためにシランの葉をレンズの表面に付くようにして、ピントはマニュアルでシランに合わせ撮っています。大きな前ブケと背景に玉ボケが生まれて違った印象の作品になっています。
「撮影データ」
カメラ:ニコンD750 レンズ:28-300㎜(300㎜) ISO感度:オート(5600)絞り:f/8 シャッタースピード:1/750 露出補正:+0.5
ホワイトバランス:晴天 ピクチャーコントロール:ポートレート

「ばら園」
b0183370_22390779.jpg
満開のばら園です。広角側で周囲も入れて撮ったことで臨場感も生まれています。遠近感を強調するために左側のばらに近づいて右側の下に赤いばらを配置しています。空に白い雲を多めに配置した事も初夏のばら園の雰囲気を醸し出しています。この作品のように広角レンズはポイントに選んだ部分に近づいてその部分を大きく撮ることで遠近感が強調されます。
「撮影データ」
カメラ:ニコンD7200 レンズ:16-80㎜(16㎜) ISO感度:オート(800)絞り:f/16 シャッタースピード:1/750 露出補正:-0.5
ホワイトバランス:晴天 ピクチャーコントロール:ポートレート

「これもズームレンズ①」

b0183370_21592218.jpg
ファインダーをのぞきながら三輪のばらが曲線を描くポジション、アングルから撮っています。制約の多いばら園ですがイメージ通りの作品に仕上がっています。
「撮影データ」
カメラ:ニコンD7200 レンズ:16-80㎜(32㎜) ISO感度:オート(800)絞り:f/8 シャッタースピード:1/750 露出補正:-0.5
ホワイトバランス:晴天 ピクチャーコントロール:ポートレート

「これもズームレンズ②」
b0183370_21594223.jpg
80㎜の望遠側でf/4の開放絞り値で撮っています。煩雑になりがちな背景を16-80㎜の素直なボケで主題がすっきりと浮かび上がっています。ズームレンズ1本でこれだけのバラエティーに富んだ作品が撮れます。ズームレンズの特徴を生かして撮影を楽しみましょう。
「撮影データ」
カメラ:ニコンD7200 レンズ:16-80㎜(80㎜) ISO感度:オート(100)絞り:f/4 シャッタースピード:1/1000 露出補正:+0.5
ホワイトバランス:晴天 ピクチャーコントロール:ポートレート


[PR]
# by hanakanji | 2017-05-17 10:22 | Comments(0)

連休明けの公園

ゴールデンウイーク期間中の公園や植物園は多くの人たちであふれ返っていましたがゴールデンウイークが開けると、喧騒がうそのような静けさを取り戻します。春の花木たちの季節は終わって一時の艶やかさや色どりはありませんが、この時期だから撮れる被写体はあります。連休明けの汗ばむような一日。東京都・立川市にある昭和記念公園に出会いを求めて散歩写真を楽しんできました。撮影終了後の167.pngの味は格別でした。
「ネモフィラの丘」
b0183370_22412446.jpg
連休期間中はあふれんばかりの人だかりで、どの方向にカメラを向けても人が写ってしまいますが、連休明けは人影もまばらで人も写りこまずに花のある風景が楽しめました。花壇で撮りますのでズームレンズが最も便利でした。画面全体にピントを合わせるために絞りこんでいます。ピント位置は下から1/3の位置です。
「撮影データ」
カメラ:ニコンD7200 レンズ:16-80㎜(20㎜) ISO感度:オート(800)絞り:f/22 シャッタースピード:1/2000 露出補正:無し
ホワイトバランス:晴天 ピクチャーコントロール:ポートレート
「青の世界」
b0183370_11112082.jpg

ネモフィラのかわいさと透明感をポイントにしています。青い海から一輪だけ飛び出していたネモフィラを背景を大きくぼかして浮かび上がらせてかわいらしさを表現しています。逆光になるポジションから撮ったことで透明感が醸し出されています。また、青だけではコントラスとがないため緑の愕も入るアングルから撮っています。
カメラ:ニコンD7200 レンズ:70-300㎜(195㎜) ISO感度:オート(800)絞り:f/8 シャッタースピード:1/2000 露出補正:+0.5
ホワイトバランス:晴天 ピクチャーコントロール:ポートレート
「薫風」

b0183370_22414577.jpg
チューリップは4月中旬が最盛期ですが5月の中旬でもまだ咲いています。新しい発見です。背景は日向暑さを感じさせています。チューリップは日陰ですが木々たちの合間から落ちる木漏れ日がアクセントになっていますし全員が左方向を向いている姿から動きとともに木陰を抜ける「薫風」を感じさせています。

カメラ:ニコンD7200 レンズ:70-300㎜(100㎜) ISO感度:オート(800)絞り:f/4.8 シャッタースピード:1/4000 露出補正:なし
ホワイトバランス:晴天 ピクチャーコントロール:ポートレート
「東屋」

b0183370_13255382.jpg

日本庭園の中にある東屋です。竹で編まれた丸窓?があります。その向こうにはツツジ。日本人の美意識を感じさせます。この場所も連休中は人であふれていますが
この日は誰もいません。ゆっくりと撮影できました。カメラの編集メニューのトリミングで正方形に切り取っています。長方形よりおしゃれな印象の作品になっています。ニコンのデジタルカメラの「画像編集メニュー」は撮った後にレタッチ出来る機能が詰まっています。チャレンジしてみましょう。楽しみが増えます。
カメラ:ニコンD7200 レンズ:70-300㎜(78㎜) ISO感度:オート(800)絞り:f/5.6 シャッタースピード:1/2000 露出補正:なし
ホワイトバランス:晴天 ピクチャーコントロール:スタンダード

「おとぎの国」

b0183370_11115637.jpg
シャーレーポピーが終わった後は「カリフィルニアポピー」の出番です。花のある風景ですからこの作品も画面全体にピントを合わすことが必要です。そのために広角レンズを使っています。写真を撮るための小さな小屋がありますが人影の姿は見受けられません。。ポイントは花畑に囲まれた「おとぎの国」です。広角レンズで花畑に近づいて俯瞰気味で大きく広く配置したことで背景の小屋が小さくなり遠近感もでてジオラマの世界のような「おとぎの国」が出現しました。ピントは小屋に合わせています。
カメラ:ニコンD7200 レンズ:16-80㎜(16㎜) ISO感度:オート(800)絞り:f/16 シャッタースピード:1/500 露出補正:無し
ホワイトバランス:晴天 ピクチャーコントロール:スタンダード
「青空」
b0183370_11121433.jpg
「おとぎの国」の小屋の中に入って撮っています。窓からは青空と木々の緑。そしてカリフィルニアポピーのオレンジと初夏を思わせる世界ですし、臨場感も醸し出されています。小屋の中は暗くそのままとれば明るすぎる作品になりますので窓外の風景に露出が合うように思い切った露出補正をしています。板壁の隙間から洩れる光もよいアクセントになっています。
カメラ:ニコンD7200 レンズ:16-80㎜(16㎜) ISO感度:オート(800)絞り:f/16 シャッタースピード:1/750 露出補正:-2.0
ホワイトバランス:晴天 ピクチャーコントロール:スタンダード」



[PR]
# by hanakanji | 2017-05-12 15:27 | Comments(0)

春ばらの季節

「ばら園を撮る」
b0183370_21424884.jpg

5月のばら園は甘い香りで満ち溢れています。ジャンルを問わず、環境の描写も大切ですが広く
を入れすぎると伝えたいポイントがわかりにくくいなってしまいます。ばら園のイメージを大切に
カラフルに咲き誇る「ばら」と石畳を曲線状に配置、そしてその先に休憩所の一部を配置した事
でイギリス庭園のような雰囲気が醸し出されています。パンフォーカスにするためにf/16まで絞
り込んでいます。
カメラ:ニコンD7000 レンズ:ミクロ60㎜ 絞り:f/16 シャッタースピード:1/250 
露出補正:-1.0  ISO感度:オート(400) ピクチャーコントロール:スタンダード
「ボリュームを出す」
b0183370_21431516.jpg

望遠レンズは大きなボケが特徴の一つですが、距離感をなくす圧縮効果もあります。手前から奥
までは約10mほどあります。300㎜の望遠で絞りこんで撮ったことで距離感を感じさせない圧縮
効果が出ていますし。ボリューム感も出ています。上下のばらんぽアーチが明るくなるのを待って
撮っています。
カメラ:ニコンD750 レンズ:28-300㎜(250㎜) 絞り:f/16 シャッタースピード:1/500 
露出補正:+0.5  ISO感度:オート(2800) ピクチャーコントロール:ポートレート
「色彩を生かす」
b0183370_21434918.jpg

背景は望遠レンズの大きなボケで他の花の彩りだけにしたことで主役が浮かび上がっています。
レタッチで明るめの露出にしたこともも春の明るい光と水彩画のような温かみを醸し出しています。
カメラ:ニコンD750 レンズ:28-300㎜(300㎜) 絞り:f/5.6 シャッタースピード:1/750
露出補正:+1.0(レタッチ)  ISO感度:オート(2000) ピクチャーコントロール:ポートレート
「おしゃれ感覚」
b0183370_21451252.jpg

花瓶に入れて撮るのもいいですが、これでは平凡な写真になってしまします。花束を新聞紙に
くるんで撮っています。コツは新聞紙に皺を付けることです。おしゃれな作品になりました。
日本語の新聞ですが、英字新聞の方がおしゃれな印象が強まるようです。
カメラ:ニコンD300 レンズ:マイクロ60㎜ 絞り:f/11 シャッタースピード:1/250
露出補正:-1.0  ISO感度:オート(400) ピクチャーコントロール:スタンダード
「これもばらの作品?」
b0183370_21452656.jpg

そのものズバリを撮ってもいいですが、視点を変えて鋭い「とげ」を大きく撮りました。
マイクロレンズで等倍近くで撮っています。また、「とげ」に光が当たるポジション、アングルか
ら撮っています。背景は赤い「ばら」ですがマイクロレンズの開放近い絞り値が大きなボケを
作って主題の「とげ」と「春の光」が強調されています。
カメラ:ニコンD300S レンズ:マイクロ105㎜ 絞り:f/4 シャッタースピード:1/1000
露出補正:-1.0  ISO感度:オート(400) ピクチャーコントロール:ポートレート
「主観的に撮る」
b0183370_21453591.jpg

室内で撮っています。一輪のばらにスポイトで水滴を付けています。マイクロレンズで近づいて
花芯の曲線と水滴の輝きを対角線上に来るようにカメラアングルと「傾きを調整しています。
開放絞りですが花芯と水滴がカメラと平行になる位置(フォーカス面)から撮ったことで開放絞り
でも両方にピントが合っています。画面全体がオレンジ色の中で花弁の一部が黒くなったことも
良いアクセントになっています。マイクロレンズでの撮影は場所を選びません。
カメラ:ニコンD700 レンズ:マイクロ105㎜ 絞り:f/4.2 シャッタースピード:1/6000
露出補正:-0.5  ISO感度:オート(400) ピクチャーコントロール:スタンダード
[PR]
# by hanakanji | 2017-05-06 22:53 | Comments(0)

「フジ」の花

「咲き誇る」
b0183370_18211733.jpg

5月の植物園。薫風に乗って甘い香りが漂ってきます。青い空に白い雲。初夏の光も一杯です。
広角レンズで5月の空に向かって伸びてゆくイメージで撮っています。24㎜の「広角でフジの花
空と雲のバランスを考えて撮っています。
カメラ:ニコンD750 レンズ:24-120㎜(24㎜) 絞り:f/11 シャッタースピード:1/350 
露出補正:+0.5  ISO感度:オート(400) ピクチャーコントロール:ポートレート
「フジ棚」
b0183370_1820175.jpg

ふじ棚から伸びるふじの花。ポイントは水平線や垂直線が傾かないように、可能ならば三脚を
使います。この場合は観光客が多く三脚は使えんませんでした。VR機能でブレはありませんが
レタッチで傾きを調整しています。これも撮影技術の一つです。デジタルカメラだからイメージ
通りの作品になりました。
カメラ:ニコンDf レンズ:70-300㎜(82㎜) 絞り:f/22 シャッタースピード:1/200 
露出補正:+0.5  ISO感度:オート(2500) ピクチャーコントロール:ポートレート
「ボリュームを撮る」
b0183370_18202513.jpg

望遠レンズは大きなボケと近くと遠くの距離感をなくす効果があります。望遠で撮ったことで
ふじの花そのものが強調されてボリューム感も表現されています。
カメラ:ニコンD750 レンズ:28-300㎜(300㎜) 絞り:f/22 シャッタースピード:1/700 
露出補正:+0.5  ISO感度:オート(3200) ピクチャーコントロール:ポートレート
「ふぉるむを撮る」
b0183370_18204670.jpg

望遠で背景を大きくぼかしたことで、ふじの花のふぉるむが強調されています。全身を下を
カットしたことで、ふじの花の長さを想像させています。
カメラ:ニコンDf レンズ:70-300㎜(300㎜) 絞り:f/8 シャッタースピード:1/400 
露出補正:+1.0  ISO感度:オート(1250) ピクチャーコントロール:ポートレート
[PR]
# by hanakanji | 2017-05-05 18:47 | Comments(0)