散歩 de 写真を楽しもう


by hanakanji
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

♪さくら さくら♪

まだまだ寒い日が続いていますが、3月も下旬になると「枝垂れ桜」が咲いてソメイヨシノ、山桜そして最後に八重桜とひと月近く桜の花を楽しむことが出来ます。桜の作品は今までに数えきれないほど発表されていますし、有名な桜の名木や一本桜などは撮るポジション、アングルが決まっていてそこに行けばおおよその作品が撮れます。桜の撮影は定番だ!と言う人もいますが同じ木でも撮影年や時間が違うと違った印象になりますし、同じ作品は二度と撮れません。定番ほど撮影が難しいものです。近くの公園や植物園に咲いている名もない桜でも光の扱い方やレンズの使い方で新鮮な印象の作品になります。桜はパット咲いてパット消える潔さが日本人の気持ちに合っているかも知れません。散る前に今年の桜達を撮りましょう。
■桜には城が似合います
満開の桜に城。まさに日本の春が写し出されています。大阪城でこの場所から広角レンズで撮れば同じような作品が撮れます。ただ、違いは空に浮かんだ雲の形です。一回目は空に雲が無く間が抜けた作品でした。二日目は雲は出たものの形が悪くバランスが整いませんでした。三日目にやっと形の良い雲に出会いました。広角17㎜で桜まで近づいて撮ったことで桜は大きくボリュームも感じますし天守閣は小さくなったことで遠近感も生まれています。この様な場面では桜が主役ですから脇役の天守閣を小さく扱うのがコツです。タテ位置構図も鑑賞者の視線を桜から天守閣、そして空の雲へと導いて高さも表現されています。
【カメラ:ニコンD7000 レンズ:VR24-120㎜(28㎜) 絞り:f/16 露出補正:+0.5】
b0183370_22493315.jpg

■春の植物園は桜の花の見本市
枝垂れ桜です。形から見ると有名な名木のようにも見えます?が、撮影地は東京・調布市にある神代植物公園の枝垂れ桜です。正面から順光で見ると平凡な印象ですが、木の下に入って幹に寄りかかって上を見ています。逆光です。手前の枝は当然シルエットになりますから形の面白さがポイントになります。ゴツゴツとしながらも流麗な印象を醸し出しています。17㎜の広角レンズでシルエットになった枝がバランスよく画面に収まるようにポジション、アングルを決めて撮っています。画面下部に枝垂れ を配して豪華な雰囲気も表現しています。
【カメラ:ニコンD700 レンズ:AF-S17-35㎜(17㎜) 絞り:f/11 シャッタースピード:1/125 露出補正:+0.5】
b0183370_2253352.jpg

■水辺の春
植新宿御苑の桜です。池畔に植えられた桜。春の光を浴びて輝いています。微風が水面にさざ波を起こしていました。きらきらと輝いて春の光も感じられます。
デジタルカメラはISO感度を変えられます。この作品はシャッタースピードが1/1000秒になるようにISO感度を1600に上げて撮っています。水面が星のような輝きになって、春の光が強調されていますし水の温もりも感じられる作品になっています。水面の太陽の輝きも入れて撮る場合は1/1000秒以上が効果的です。デジタルカメラだから出来た表現です。
【ニコンD7000 ホワイトバランス:晴天 レンズ:VR18-200㎜(170㎜) 絞り:f/16 シャッタースピード:1/1000 露出補正:-0.5】
b0183370_22573185.jpg

■額縁効果を生かす
新宿御苑の日本庭園に近い方の中の池の橋のたもとです。樹齢数百年と思えるソメイヨシノの古木があります。保護されているのか近寄れないように木の柵でガードされています。その柵を利用しました。柵の前に座り込んで画面の上下に柵が入り、下側が明るくなるポジション・アングルを決めています。この桜の枝は右側の方が大きいために幹を左側に配置しています。20㎜の広角レンズで柵に対して斜めから撮った
ことで額縁効果が出て一服の絵を見ているようです。
【ニコンD700 ホワイトバランス:晴天 レンズ:20㎜ 絞り:f/16 シャッタースピード:1/750゙】
b0183370_2304755.jpg

■小さな春
この桜の撮り方も定番です。太い幹から桜の子供が顔を出しています。手前は日影で背景は日向です。逆光ですから画面上下に配した枝はシルエットになります。この作品も上下の枝がシルエットになって主役の桜を浮かび上がらせています。開放絞り値ですが背景の桜の存在が分かる程度のボケになったこととピンク、緑、そして空の青が入ったためにカラフルな色味になって可愛さとウキウキするような楽しさも表現されています。
【ニコンD7000 ホワイトバランス:晴天 レンズ:VR16-85㎜(85㎜) 絞り:f/5.6 シャッタースピード:1/1500】
b0183370_2361363.jpg

■心ウキウキ
ソメイヨシノは淡いピンク色で派手さはなく落ち着いた色調が日本人の美意識に合っていうようです。八重桜は色も派手気味でカラットしていてソメイヨシノのようなしっとり感はありませんがカラフルな色調が気持ちまでウキウキさえます。八重桜は固まって花を付けています。逆光で一つの塊を+1.0の露出補正で撮ったことで、濁りのない色調とともに透明感も醸し出しています。右上の三枚の葉もバランスを整えています。絞りもf/5.6まで絞ったことで背景に咲いている様子も写って臨場感も出ています。花の写真は光の状態を最も意識しながら撮るようにしてください。
【ニコンD7000 ホワイトバランス:晴天 レンズ:VRマイクロ105㎜ 絞り:f/5.6 シャッタースピード:1/500 露出補正:+1.0】
b0183370_2381335.jpg

[PR]
# by hanakanji | 2014-03-08 23:08

寒い日はちょっと一息

冷たい北風が吹きすさむ冬は公園や植物園でもカラフルな花木たちの姿見られません。
寒い冬でも植物園の温室の中は外の寒さが嘘のようにカラフルな花たちが咲き競いまさに「花のワンダーランド」です。こんな時こそ、マイクロレンズやちょっとした工夫で花の撮影を楽しみましょう。一本の花や造花があれば家の中でも楽しめます。
■□仮面舞踏会
カトレアの花です。近づいて見ると様々なイメージが湧いてきます。花芯部分に意識を集中させると空を飛んでいるかのように見えますし、花弁と花弁に集中すると目のようにも目えてきます。この場合は仮面舞踏会でかぶる面をイメージしました。目(?)部分が白ですとインパクトに欠けます。ポジションとアングルの調整で赤い花が入るように撮りました。イメージ通り「仮面」が写し出されていますし、赤い目がインパクトを与えています。マイクロレンズだから撮れた作品です。
【ニコンD7100+マイクロ60㎜ f/11 露出補正-0.5】
b0183370_10101993.jpg

■□机上が撮影スタジオ
冬は寒いですし、雨や雪が降っていれば出かける気持ちもなえてしまいます。そんな時、マイクロレンズがあれば、机上が撮影スタジオに変わります。左の写真はパソコンデスクです。天井はLED照明です。デジタルカメラはホワイトバランスを変えることで被写体本来の色調で撮ることが出来ます。このスタジオでは「オート1」が見た目に近い色調に写りました。LEDや電球などミックス光では「プリセット」でホワイトバランスをとることで見た目に近い色調に写ります。水滴遊びのセットです。下の写真は撮影しているところです。CDケースの両方に霧吹きで水滴を付けています。その後に造花の花を置いています。背景を黒くしたい時は黒いポーチを置くだけで十分ですし白くしたい時は白い紙を置きます。カメラは三脚にセットします。背景の花の中心にカメラが来るように高さを合せます。またCDケースとカメラが並行になるようにすることで画面全体にピントが合います。背景の花を大きくぼかす時は花を後ろに下げます。①の作例はCDケースから約10㎝後ろ。
b0183370_108122.jpg

b0183370_1083137.jpg

b0183370_10115485.jpg

■□机上は満月・・?
マイクロレンズは他のレンズに比べ、イメージサークルが大きいレンズです。目で見て眩しくないと時の太陽もそうですし、机上では懐中電灯を使っても夕日を背景にしたススキの作品が撮れます。セットは空き瓶にススキを刺しています。左側に懐中電灯(LEDだは無くて電球タイプ)を置いています。直接ですと電球の反射板の丸い形が写りボーナツのような形になりますので、懐中電灯の前に乳白色のクリアーファイルを置いて減光しています。撮影手順は、①絞りは開放(絞り込むと電灯丸くならずに角型になります)②ピント合わせはマニュアルでカメラの位置を決めたら、レンズの距離リングを近距離側に回します。そうすると電球の丸が大きくなってきます。自分の好みの大きさにします。③ススキの穂がハッキリするように瓶を前後させます。ホワイトバランスは「晴天」にして写します。
b0183370_1012353.jpg

b0183370_1014966.jpg

【ニコンD7100+マイクロ105㎜ f/2.8(ファイッダー内表示はf/4.5 +1.0の露出補正】
■画像編集(フィルター効果)を楽しむ
デジタルカメラはフィルムカメラでは出来なかったことが簡単に出来るようになっています。画像のトリミングや画質モードをRAWで撮っておくと、カメラ内部でホワイトバランスやピクチャーコントロール、そしてモノクロ画像への変換などが出来ます。メニュー画面の中には「画像編集」機能があり、2回の多重露光と同じ効果が得られる「画像合成」やフィルター効果の中には「ソフト」や「クロススクリーン」などがあって、撮った後の画像で変換出来ます。変換した画像は「別名」で保存されますから元画像はそのまま残ります。左上は撮ったままの画像(元画像)です。下はフィルター効果でソフトを選んでいます。優しい印象の作品になっています。
ソフト効果には、「弱」「標準」「強」から選べます。被写体の色調に応じて使い分けします。
b0183370_1016465.jpg

b0183370_10162211.jpg

[PR]
# by hanakanji | 2014-01-11 10:40
12月も半ばになり、各地ではイルミネーションの輝きが目立ってきました。最近のイルミネーションははカラーLEDが多く使われて、鮮やかになって来ています。。アルバムや記録としては奇麗なものは奇麗に撮ることが基本ですが、作品として見たならただ奇麗い写っているだけで平凡な作品でしかありません。露光中にカメラを動かしたりズーミングすることで肉眼ではみることのできないイルミネーションの作品が撮れます。写真を撮るには決まりはありません。遊び心が最も大切です。
■同じ被写体でもこれだけ違う
露光間ズームでと撮りく選べました。単なるイルミネーションが写真でしか表現できない世界を写しだしています。レンズは16-85㎜です。絞り優先オートで、ISO感度を100に絞り値はf/22まで絞り込んだことでシャッタースピードは約6秒になりました。【①】はそのままの露光。【②】は焦点距離は広角側でシャッターを切ってから露光中に望遠側へズームアップしています。
 ①
b0183370_1724515.jpg

 ②
b0183370_17244268.jpg

■今度はカメラを回してみました
三脚を使って「います。シャッタースピードや絞り値は上の作例と同じですが。今度は、露光中にカメラを回転させてみました。ソリに乗ったサンタクルロースが空からプレゼントを持っておりてくるような楽しさが表現できました。
b0183370_17284123.jpg

【D7000 DX16-85㎜ ISO100  f/22 約6秒 三脚使用】
■今度はカメラをS字状に回してみました
シャッタースピードや絞り値は同じですが、今度は手持ちに挑戦してみました。シャッターを切って約2秒間はじっとしています。残りの4秒の間にカメラをSを描くように回しています。長時間露光でもカメラを動かしているとブレはそれほど目立ちません。同じ撮影条件でもこれだけ違います。
b0183370_17341573.jpg

【D7000 DX16-85㎜ ISO100  f/22 約6秒 手持ち】
■クリスマス
イルミネーション撮影では最もポピユラーです。300㎜クラスの望遠ズームが効果的です。大きな前ボケを生かしました。街頭までは約2m。枝に施されたLEDはレンズの直前にあります。とうぜんピントが合わないとpボケます。電球などはボケ量によって大きさが違ってきます。これは70-300㎜の300右側で開放絞りで撮ったことで手前の電球が大きな丸ボケになって雰囲気を盛り上げています。
b0183370_17423686.jpg

【D7000 70-300㎜ ISO800  f/5.6 1/250秒 手持ち】
[PR]
# by hanakanji | 2013-12-15 17:43

晩秋の紅葉

山肌を赤やオレンジ、黄色などの木々たち彩りで華やかな状態も11月下旬ともなると、風が吹くたびに一葉、二葉と小枝から離れて行きます。最後まで頑張っている姿は健気なですし離れた葉達は水面や地面で最後の輝きを見せてくれます。このような景観は山の上などでは見ることができず、平地ならではの景観です。足元を見直して最後の木々たちの彩りを狙ってみましょう。紅葉まっさかりの時とは違う風情のある紅葉風景が撮れます。
■一葉
横浜三渓慶の晩秋風景です。ほとんどの葉は落ちていましたが、この一葉だけが残っていました。紅葉盛りの頃は艶やかな姿を見せていたのでしょうが風雨のためか虫に食べられたのか、葉の一部が欠けている姿からは季節の移ろいを感じます。ひと雨か北風が吹くと枝から離れて旅立っていくことでしょ。最後の彩りを逆光で透明感を出して撮っています。背景をカーブル調のボケにした主役を引き立てています。ズームレンズが威力を発揮する場面です。
b0183370_22161236.jpg

【ニコンD7000 70-300㎜(175㎜) f/5.6 1/180秒 SO400】
■散っても艶やか
晩秋の社寺。ひと雨ごとに落葉が増えて行きます。
雨あがりの京都・常寂光寺の片隅に葺き替え用の瓦が置かれていました。雨にぬれて瓦が鈍色を放っています。周囲には雨で落ちた紅葉の葉がジュータン模様を描いています。京都らしい、しっとりした風情が醸し出されています。背景の竹囲いも雰囲気を盛り上げています。前には近寄れません。ズームレンズが威力を発揮した場面です。
b0183370_22183988.jpg

【D7000 18-200㎜(31㎜) f/11 1/125秒 -0.5EV ISO800】
■遊び心
写真を撮るのに決まりはありません。遊び心が大切です。雨の日は晴天のひとは違った紅葉の作品が撮れます。朝か冷たい雨が降っていました。北鎌倉の円覚寺です。山門の頭上に紅葉がありました。ビニールの傘が紅葉に当たり、落葉がビニール傘に張り付いていました。雨で遊ぼう!と思い、傘に付いた落葉を並べ替えました。雨の雰囲気を出すために傘の骨をあえて入れています。また、背景には境内にある植物を入れて雰囲気を高めています。
b0183370_22211263.jpg

【D7000 18-200㎜(34㎜) f/8 1/60秒 ISO800 】
■遊 泳
境内に街灯がありました。上にはクモの糸が張られています。そのクモの糸に一枚の紅葉が付いていました。背景は日影です。マイナス1.0の露出補正をすることで背景が暗くなって主題の紅葉の葉が浮かび上がっています。街灯の表面は空や木々たちが写り込んで人口衛星が地球を回遊しているようです。写真はアイデア次第です。遊び心を持って見れば自然とアイデアが湧いてきます。
b0183370_2223177.jpg

【D7000 18-200㎜(200㎜) f/5.6 1/60秒 -1.0EV ISO400 】
■こんな写真も撮ってますよ!
b0183370_22252327.jpg

【D300S 16-85㎜(16㎜) f/11 1/60秒 -1.0EV ISO400 】
b0183370_2229121.jpg

【D7000 12-24㎜(18㎜) f/11 1/60秒 +0.5EV ISO400 】
[PR]
# by hanakanji | 2013-11-24 22:31

紅葉

■11月の半ばになりました。木々たちも寒い冬を迎える前のひととき、赤や黄色、緑と最後の今年のファッションショーをはじめました。関東や関西周辺や公園、植物園ではこれからが紅葉の撮影シーズンです。鎌倉や京都など有名な場所は人も多くなかなか思ったような作品は撮れませんが、身近な公園や植物園は比較的、人も少なく落ち着いて撮影を楽しむことが出来ます。「カメラde散歩」して木々たちの輝きと遊びましょう。
●光を意識する(順光)
順光は被写体の正面から当たる光で強い陰影なども付けずに被写体そのものズバリを写しだします。
午後12時30分の撮影です。被写体には真正面から秋の強い光りが当たっています。強い陰影は付いていませんが、光りが均一に回っていて、緑、赤、黄色、そして背景の色付いた山肌の紅葉まで表現しています。望遠レンズで絞り込んで撮っているためにボリューム感も表現されています。
【ニコンD7000 70-300㎜f/16 露出補正+0.5】
b0183370_23432351.jpg

●光を意識する(逆光)
秋は光が済んでいます。逆光で撮ると木々たちの輝きがいっそう艶やかに見えます。紅く染まった葉。色付き始めた黄色い葉、そしてひときわ輝き存在感をアピールしているような紅い葉。彼らを同じ画面に入れるには広い画角が必要です。10.5㎜の魚眼レンズで全景を取り入れています。光条を入れるために木と木の間に太陽を配置しています。光条は広角レンズでf/11以上に絞ることで出やすくなります。また、強い逆光です。
+2.0の思い切った露出補正をしています。
【D7000 10.5㎜ f/16 露出補正+2.0】
b0183370_2347348.jpg

●競演
身近な植物公園でこんな風景がありました。ます。澄み切った秋の空を背景に黄色や赤、緑の葉が混じり合いお互いが美を競い合っています。この様な場合のポイントは最も目立つ部分です。この場合は「黄葉」です。黄葉部分だけが光が集中して明るくなっています。左上や右側は黄葉に対して逆光になって暗く写ったことで額縁効果が出ていますし、PLフィルターでコントラストを付けたことでポイントがより明確になっています。
【D7000 18-200㎜ f/8 C-PLフィルター使用】
b0183370_2349273.jpg

●影を撮る
1時間前は幹に影はありませんでした。前を通った時に太陽の位置で幹に影が落ちると思って帰りに寄ってみると期待通り、幹に紅葉の影が写っていました。背景は日影です。幹だけでは環境はわかりませんので左奥に枝を配置しました。明暗差が生まれ幹に写った影が強調されました。撮るコツは丸い幹ですが、出来るだけ影と並行になるポジションから撮ることです。また、影を目立たせるには思い切った露出補正をすることもコツです。
【D7000 18-200㎜ f/11 露出補正-1.5】
b0183370_23503364.jpg

●写り込みを撮る
公園の中にある日本庭園です。人工の疏水がありこの部分は約50㎝程の落とし込みになっています。上は真っ赤に色付いた紅葉たちでいっぱいです。紅葉撮影は逆光や青空を背景に撮ることが多いですが、水面の写りこみも風情があります。ここは単なる写り込みではなく、常に水が流れていて鏡面の写りの静かな雰囲気では無く動きが感じられます。縁がS字状になるポジションから撮っています。
【D7000 16-85㎜ f/11 露出補正+0.5】
b0183370_23515020.jpg

[PR]
# by hanakanji | 2013-11-11 23:52