散歩で写真を楽しもう


by hanakanji
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
b0183370_2002199.jpg

東京の植物園や公園ではソメイヨシノから八重桜にバトンタッチ。桜の背景はソメイヨシノは青空が
生えますが八重桜はこの時期の草や木々たちの新緑が最も引き立ちます。公園の片隅に泣いてい
る八重桜です。背景が草の緑になるポジション、アングルから撮っています。絞りも開けぎみにした
ことで八重桜が引き立っています。
カメラ:ニコンDf レンズ:マイクロ60㎜ 絞り:f/4 シャッタースピード:1/320 露出補正:+0.7 
ISO感度:オート(400) ピクチャーコントロール:ポートレート

b0183370_2094799.jpg

八重桜はピンクが強めの桜です。後ろから見ると星型の茶い額(?)とのいろと形の面白白さが
際立ちます。マイクロレンズで近づいて撮っています。コツは2輪入れていますが2つ額がカメラ
と平行になる(フォーカス面)よにポジションとアングルを探して撮ります。f/5.6で近づいて撮っ
ていますが両方の額にピントが合って造形美も写しだされています。
カメラ:ニコンDf レンズ:マイクロ60㎜ 絞り:f/5.6 シャッタースピード:1/320 露出補正:+0.7 
ISO感度:オート(800) ピクチャーコントロール:ポートレート

b0183370_20185598.jpg

チューリップも写し頃を迎えています。マイクロレンズの特性を生かして形と色を強調しました。
薄い花弁の被写体はギャックで撮ることで透明感のある作品に仕上がります。逆光で手前を
同じ色のチューリップのボケを入れています。+1.0の「露出補正で春の明るさも強調しています。
地植えのチューリップですから見上げるアングルから撮ることになりますので、
アングルファインダーの使用やライブビュー撮影が便利です。
カメラ:ニコン7200 レンズ:マイクロ105㎜ 絞り:f/4 シャッタースピード:1/1500 露出補正:+1.0 
ISO感度:オート(400) ピクチャーコントロール:ポートレート

b0183370_20281184.jpg

ドラマチックな表現です。昭和記念公園の「渓流広場の池の周囲にあるチューリップの花壇を夕方
太陽が傾きだしたことに撮っています。日向と日陰の大きな明暗差が主題の咲いているチューリッ
プと鏡のようになった水面に反射するチューリップは明るく、背景やその他の部分は暗くなったこと
で主題がより明確になっていますし、f/16まで絞り込んだシャープなピントが相まってドラマチックな
印象も醸し出しています。このころは晴天の午後4時半すぎがシャッターチャンスです。
カメラ:ニコン7200 レンズ:70-200/4G 絞り:f/16 シャッタースピード:1/350 露出補正:+1.0 
ISO感度:オート(3200) ピクチャーコントロール:スタンダード
[PR]
# by hanakanji | 2017-04-21 20:36 | Comments(0)
b0183370_1536926.jpg

昭和記念公園の渓流広場の上流で撮った作品です。この日は強風でしした。風にあおられて
桜の花弁が流れに乗って流れています。スローシャッターで撮ることで「花筏」が現れます。
流れだけですと環境がわかりませんので、右上に新緑を配置したり岸辺を入れて流れを強調
しています。ND32を使って4秒で撮っていますが、シャッターを切るときは接眼部分を手で押
さえてファインダーに光が入らないようにすることがコツです。
カメラ:ニコンD7200 レンズ:16-80㎜(16㎜) 絞り:f/22 シャッタースピード:4秒 
ISO感度:100 フィルター:ND32

b0183370_15442279.jpg

上の作品と撮影条件は同じですが、約20m下は流れてきた桜の花びらがこれ以上に下流に
行けずとどまっています。花弁が浮いている水面を緩くS字を描くようにかき回しています。
二つの渦が発生。「花筏」とは違った造形美とスピード感あふれる作品になっています。
カメラ:ニコンD7200 レンズ:16-80㎜(16㎜) 絞り:f/22 シャッタースピード:4秒 
ISO感度:100 フィルター:ND32
[PR]
# by hanakanji | 2017-04-16 15:52 | Comments(0)

葉桜近し

b0183370_23465292.jpg

曇天や雨天の空はカメラにとっては強い逆光です。このような空を背景に桜を撮る場合は、思い切った露出ホ阿世が必要です。そうすることで空が真っ白になり画面を単調化することができます。思い切った露出補正で白バックにしたことで桜の清らかさとともにデザイン的な面白さも表現されています。
背景は白い空ですから絞りこんでシャープな画像で造形美を強調しています。空の部分は
「白飛び」しています。
カメラ:ニコンD7200 レンズ:28-300㎜(72㎜) 絞り:f/16 シャッタースピード:1/125
ホワイトバランス:晴天 露出補正:+3.0

b0183370_23535958.jpg

デジタルカメラは自分のイメージに沿った撮影ができます。午後4時30分ころの撮影です。夜桜のイメージで
表現したくホワイトバランスは「電球」にセット。そのままですと明るく単に青い作品になります。思い切ったマイナス補正で青みを増しています。散った桜はほの赤く浮かび上がってイメージ通り「月下の桜」が表現できました。
カメラ:D750 レンズ:28-300㎜(48㎜) 絞り:f/16」 シャッタースピード:3秒 
ホワイトバランス:電球 露出補正:-2.0
[PR]
# by hanakanji | 2017-04-15 00:01 | Comments(0)

4月13日の昭和記念公園

今年は桜の開花が遅れたようです。東京も例年ですと葉桜が多くなるこの時期ですが、まだ満開で当分桜の撮影が楽しめます。今日、東京の「昭和記念公園」で桜撮影を楽しんできました。
b0183370_22101778.jpg

快晴の日。今にもこぼれんばかりの桜の花が川の両岸に咲き誇っています。空には大きな雲も浮かんでいます。川の筋を曲線を描くように配置して奥行きを出していますし空は偏光フィルターを使ってクリアーにしています。
カメラ:D750 レンズ:ニッコール20㎜ 絞り:f/11 シャッタースピード:1/750 ISO感度:オート(400)

b0183370_22432994.jpg

紅しだれ?とソメイヨシノの揃い咲きです。背景は明るい空です。このような場面では、主題の桜にも光が当たっているのを確認してシャッターを切ります。明るく透明感を出すため+2.0の思い切った露出補正をしています。偏光フィルターも弱めにしています。。
カメラ:ニコンD750 レンズ:ニッコール20㎜ 絞り:f/11 シャッタースピード:1/125 ISO感度:オート(400)
露出補正:+2.0

b0183370_22505245.jpg

小さな人工の流れです。上流の上には桜並木があります。散りだした桜の花びらが水に乗って流れています。ISO感度は100でND16のフィルターを使って1秒のシャッター優先で撮っています。桜の花びらが漂うところを棒で水を円を描くように回しています。右上の青空の写りこみもポイントです。。
カメラ:ニコンD750 レンズ:ニッコール28-300㎜(28㎜) 絞り:f/22 シャッタースピード:6秒 
ISO感度:LO1(50相当) 露出補正:-1.0

b0183370_2311075.jpg

川の中に置かれた岩の周りに桜の花びらがたまっています。水面を丸く円を描くようにして渦?を作って桜の花びらに回転を与えています。スローシャッターで動きのある部分は流れていますし、渦の中心と岩と対岸は止まっているためにスピード感も強調されています。
カメラ:ニコンD750 レンズ:ニッコール20㎜ 絞り:f/22 シャッタースピード:3秒 フィルター:ND16 
ISO感度:LO1(50相当)
[PR]
# by hanakanji | 2017-04-13 23:07 | Comments(0)

雨を見方にする

b0183370_23273176.jpg

快晴の日ならば多くの花見客であふれますが、雨の日の公園は人影も少なく貸し切り状態です。ゆっくりと撮影できます。花散らしの雨までは行きませんが、桜木に下はピンクのジュータンになりかけています。
画面下に水たまり、背景には雨に煙る桜の木と人影を入れて雨の花見を表現しています。
カメラ:ニコンD750 レンズ:マイクロ60㎜ f/16 1/200 露出補正:-0.5 ISO:オート(1800)

b0183370_23341672.jpg

池の水面に触れるような桜の木。雨に打たれてしっとりしています。水面も雨の波紋が広がり、静かな雰囲気が漂っています。桜木と水面だけではコントラストが低すぎますので画面右下に緑を配置したこととマイナス1.0の露出補正てコントラストを付けています。
カメラ:ニコンD7200 レンズ:マイクロ60㎜ f/16 1/200 露出補正:-1.0 ISO:オート(1800)

b0183370_23393699.jpg

雨だから撮れた作品です。快晴の日のこの桜の古木は水面近くまで枝を伸ばしていますし、姿・形もよく花見客が絶えず人影のない撮影は難しいですが、雨の日は花見客もほとんどいなく撮影できます豪華な雰囲気と錦絵のイメージを出すため画面いっぱいに桜を配置。樹間に背景に枯れた草を配置したことでイメージ通りの作品に仕上がっています。
カメラ:ニコンD7200 レンズ:、マイクロ105㎜ f/16 1/320 露出補正:-0.5 ISO:オート(2800)
[PR]
# by hanakanji | 2017-04-12 23:51 | Comments(0)