散歩で写真を楽しもう


by hanakanji
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
日に日に木々たちの彩りが豊富になってきます。
吹く風に色づいた葉っぱも一枚、また一枚と枝から離れてm冬の到来を
感じさせます。
■イチョウ
大きなイチヨウの木が晩秋の朝日に光輝いていました。里山を表現するため
ペットボトルで作った風車も取り入れてみました。バランスも整いました。
■晩秋の光
ここの里山は谷戸にあり、午前8時ころでないと光が当たりません。
冷えた朝。手作りの風車に光が当たりだしました。周りも朝の光で
オレンジ色に染まり晩秋の風情が醸し出されています。
風車についた水滴も冷えた朝を表現しています。
b0183370_1939538.jpg
b0183370_19401190.jpg

[PR]
# by hanakanji | 2010-11-19 19:40 | Comments(0)

里山の形

わけあって約1ケ月更新できなくなりました。
■切株
シイタケを栽培するのに使うのでしょうか。同じ長さに切られた切株が小屋の片隅に
積み上げられていました。これも里山の形です。パターンですから画面の中でのバランス
が大切です。
■旅立ち
タンポポの綿毛です。夕日のころ、タンポポの綿毛が今まさに旅立とうとしています。
色が濁らないようにプラス補正するのがコツです。段階露光の出番です。
■ホワイトバランス
普段はオートで満足いく結果が得られますが、朝日や夕日、夜店、晴天下の花畑など
は「晴天マーク」がいいでしょう。撮ってみて?と思ったら、オートと晴天の両方撮ります。
b0183370_21275719.jpg
b0183370_21281793.jpg

[PR]
# by hanakanji | 2010-10-13 21:28 | Comments(0)

里山の彩り

■カカシ
やまだの中の一本足のかかし♪・・・まさに童謡の世界が広がっています。小学校の子供たち
が作っている小さな田圃ですが、広角レンズでカカシに思いきり近づいて撮ったことで遠近感
が生まれ広々とした雰囲気になりました。
■一本柿
一本桜があります。これは一本柿。。?稲刈りが終わった田圃。ぽつんと一本の柿の木がたわわに秋の実を付けていました。そのものズバリ。画面中心に配することで自己主張が強まりました。

b0183370_2254468.jpg
b0183370_2263038.jpg

[PR]
# by hanakanji | 2010-10-12 22:06 | Comments(0)

里山の昆虫たち

b0183370_015492.jpg
稲穂が頭を垂れる頃。里山に住む昆虫たちも実りの秋を謳歌しています。
稲穂を背景にシジミ蝶でしょうか。片隅の秋です。
杭にトンボがひと休み。視点を変えてみました。トンボの羽根の透明感だけを狙ってみました。
部分だけを見せて、何か?を想像させる楽しさがあります。写真には正解はありません。
規定概念にとらわれずファインダー内で遊んでみましょう!
b0183370_02107.jpg

[PR]
# by hanakanji | 2010-10-12 00:02 | Comments(0)

天高く

真っ青な空に延びる白い雲。まさに天高く・・・です。
実りの秋の収穫も終わりひと休みでしょうか。土で汚れた軍手と空で里山の秋を表現しました。
ポイントは雲と軍手の位置関係です。ファインダーをのぞきながら左右に回って決めました。
子どものころ野山を駆け回った頃がよみがえってきます。
b0183370_2215828.jpg

[PR]
# by hanakanji | 2010-10-10 22:16 | Comments(0)