散歩で写真を楽しもう


by hanakanji
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

彼岸花を撮る(Ⅰ)

長雨が続いた夏でしたが、9月の声を聞くと同時に突然、秋がやってきました。黄色く色付きだした稲穂と赤い彼岸花のコントラストが美しい季節です。扇形に広がる流麗な姿や一面の赤ジュータンに化した姿など思わずカメラをぽ向けたくなります。全国には有名な場所もありますが身近な公園や植物園でも見ることができます。また、天候によってもイメージが異なります。全てのジャンルに言えることですが、同じ場所でも足しげく通うことで新しい発見があります。
「赤いジュータン」
b0183370_14002163.jpg
光と影を意識して撮っています。500万本ともいわれる彼岸花が咲き乱れる埼玉県巾着田の彼岸花です。林の中は一面に赤いジュータンが広がっています。木々の合間から洩れる光が陰影を付けています。手前は日向、中ほどは影、背景も日向と「光と影」がフォトジェニックな光景です。環境も表現するために木々の配置にも気を配って撮っています。」彼岸花のある風景ですのでパンフォーカスが基本です。広角レンズを使って絞りこんで、全面が同じような光景ですからピントは画面下1/3の位置に合わせています。立体感とともに赤いジュータンが出現しました。彼岸花はオレンジに近い赤で彩度が高い花ですのでピクチャーコントロールは「ポートレート」が効果的ですし、日向と日陰が混在していますのでホワイトバランスは「オート」で撮っています。
「撮影データ」
カメラ:ニコンD800 レンズ:24-120㎜(35㎜) ISO感度:オート(400) 絞り:f/11 シャッタースピード:1/500 露出補正:-1.0
ホワイトバランス:オート ピクチャーコントロール:ポートレート

「彼岸花の渓谷」
b0183370_14003898.jpg
動きとボリューム感を意識して撮っています。「赤いジュータン」と同じ日に撮っています。土手も赤い彼岸花のジュータンが広がっていました。光と影も存在しています。木の幹を配置してコントラスを付けています。右上から左下への流れが表現できるポジションとアングルを選んで撮っています。望遠レンズは大きなボケと圧縮効果が特徴です。120㎜側で絞りこんで撮ったことで圧縮効果も生まれていると同時にボリューム感も醸し出されています。
「撮影データ」
カメラ:ニコンD800 レンズ:24-120㎜(95㎜) ISO感度:オート(640) 絞り:f/16 シャッタースピード:1/250 露出補正:-0.5
ホワイトバランス:オート ピクチャーコントロール:ポートレート

「秋の使者」
b0183370_15562824.jpg
瞬間を写しとめる。ときどき突然秋の使者がやってきます。一生懸命美味しい蜜を吸って入りので多少近づいても逃げませんが速くシャッターを切るに越したことはありません。日ごろからカメラの使い方に慣れておくことが大切です。このような被写体は連写が効果的です。AF-Sのままですが、S撮影からとっさに連写(CH)に変更して5カット連写して最も目がシャープで羽のブレが最適なものを選んでいます。このような被写体は構図を考えるよりまずシャープに撮ることが基本です。ISOオートが効果的ですし最後の仕上げはレタッチでトリミングして行います。
「撮影データ」
カメラ:ニコンD750 レンズ:70-200㎜(35㎜) ISO感度:オート(1000) 絞り:f/5.6 シャッタースピード:1/500 露出補正:なし
ホワイトバランス:オート ピクチャーコントロール:ポートレート

「秋のあぜ道」
b0183370_13502234.jpg
シンプルに撮る。花の撮影では咲いている部分と蕾を入れることも基本です。曇天で柔らかな光が降り注いでいます。赤と緑は補色関係で両方が引き立ちます。稲穂が頭を垂れているた田んぼのあぜ道に赤い彼岸花が咲いていました。片方はまだ蕾です。緑の多い中で赤い彼岸花は小さいですが存在感があります。シンプルな雰囲気を大切に、彼岸花は三分割の位置に配置。稲穂を2/3程度入れてバランスを整えています。近寄れない場所ではズームレンズが最も威力を発揮します。
「撮影データ」
カメラ:ニコンD750 レンズ:24-85㎜2.8-4D(85㎜) ISO感度:オート(3200) 絞り:f/16 シャッタースピード:1/500 露出補正:-0.5
ホワイトバランス:晴天 ピクチャーコントロール:ポートレート

「小雨の田んぼ」
b0183370_16483834.jpg
「秋のあぜ道」と同じ場所です。5日後の雨の日に出かけました。しっとりしていますし、草に付いた水滴の輝きがみずみずしさを醸し出していますし小さな存在ですが緑の草の中で「ツユクサの青」もが存在感があります。同じ被写体でも天候で違った印象に作品になります。雨の日こそシャッターチャンスととらえて積極的に出かけましょう。高ISO感度とレンズのVR効果で1/200秒ですがカメラブレはありません。
「撮影データ」
カメラ:ニコンD750 レンズ:28-300㎜(100㎜) ISO感度:オート(2000) 絞り:f/11 シャッタースピード:1/200 露出補正:なし
ホワイトバランス:晴天 ピクチャーコントロール:ポートレート





[PR]
by hanakanji | 2017-09-03 17:26 | Comments(0)