散歩で写真を楽しもう


by hanakanji
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

実りの秋(Ⅱ)「枯露柿の里」

11月中旬になるとJR「塩山駅」前の甘草屋敷から武田信玄の菩提寺?である恵林寺周辺の松里の柿農家の軒先は赤く熟した「干し柿」のカーテンで彩られす姿はこの地方の秋の風物詩です。
「朝の光」
b0183370_13335251.jpg
甘草屋敷の中です。観光用か紙障子の外に干し柿が干されています。紙障子の開き具合は自由に変えられます。午前中は順光に近く障子に映る干し柿の影との対比がポイントです。
「撮影データ」
カメラ:ニコンD7000 レンズ:18-200㎜(55㎜) ISO感度:400 絞り:f/11 シャッタースピード:1/125秒 露出補正:なし ホワイトバランス:晴天 
ピクチャーコントロール:スタンダード
「夕日のころ」
b0183370_13234690.jpg
夕方、4時間杉です。太陽が傾き全体が赤く染まります。同じ被写体でも光の状況で違った印象の作品になります。赤みを強調するためにマイナス補正をしています。甘草屋敷はJR「塩山駅」の目の前にありますから、
4時過ぎまで撮影。4時25分の新宿行「かいじ118号に乗れば6時前には新宿に到着します。(時刻表は確認してください)
「撮影データ」
カメラ:ニコンD7000 レンズ:18-200㎜(85㎜) ISO感度:400 絞り:f/11 シャッタースピード:1/200秒 露出補正:-1.0 ホワイトバランス:晴天 
ピクチャーコントロール:スタンダード
「夕暮れの土間」
b0183370_15160582.jpg
太陽が傾くころ、土間にも夕日が入り込みます。土間の夕日と干し柿、そして紙障子と欲張りの内容ですし全体にピントがほしい状況ですので広角気味でf/16まで絞り込んでいますし田舎の雰囲気を出すために土間を多く配置、差し込む夕日が斜めになるポジションとアングル、画面上部に干し柿を配置してバランスを整えています。土間に伸びる光がポイントです。
「撮影データ」
カメラ:ニコンD600 レンズ:24-120㎜(38㎜) ISO感度:オート(140) 絞り:f/16 シャッタースピード:1/90秒 露出補正:-1.0 ホワイトバランス:晴天 ピクチャーコントロール:スタンダード
「農家」
b0183370_15062522.jpg
この風景に出合った時に童謡「故郷」を思い出しました。紙障子の×印など懐かしさいっぱいです。実りの秋と故郷を強調するために紙障子の開け具合と柿の量を調整しています。で紙障子と背景の柿、そして茅葺屋根まで距離がありますので超広角側でf/22まで絞り込んで撮っています。
「撮影データ」
カメラ:ニコンD7000 レンズ:12-24㎜(12㎜) ISO感度:400 絞り:f/22 シャッタースピード:1/125秒 露出補正:-0.5 ホワイトバランス:晴天 
ピクチャーコントロール:スタンダード
「実り」
b0183370_14020860.jpg
観光客やカメラマンにも人気の農園の干し柿風景です。軒先全体を撮れば説明的すぎて平凡な作品になります。ここの特長はトタン屋根のうねりと竹に干していることと干す時期が違うのか柿の色が違うことです。望遠側でトタン屋根のうねりと柿の色の違いをポイントに切り取っています。望遠側で斜めの位置から絞りこんで撮ったことで圧縮効果とボリューム感のある作品に仕上がっています。
「撮影データ」
カメラ:ニコンD7200 レンズ:70-300㎜(120㎜) ISO感度:オート(3200)絞り:f/11 シャッタースピード:1/250秒 露出補正:なし 
ホワイトバランス:晴天 ピクチャーコントロール:スタンダード
「造形」
b0183370_14234858.jpg
「実り」と同じ時に、焦点距離を変えて左上部分をアップで撮っています。撮干し柿をつる白いロープとのコントラストと造形美も醸し出されています。ズームレンズは同じ位置から焦点距離を変えて撮ることで違った印象の作品を作ることができます。ズームレンズ使用時は同じ被写体を焦点距離やタテ・ヨコ位置を変えて見比べる癖を付けてください。
「撮影データ」
カメラ:ニコンD7200 レンズ:70-300㎜(300㎜) ISO感度:オート(3200) 絞り:f/16 シャッタースピード:1/125秒 露出補正:-1.0 
ホワイトバランス:晴天 
ピクチャーコントロール:スタンダード
「視点を変える(Ⅰ)」
b0183370_13263924.jpg
10.5㎜の魚眼レンズです。通常は俯瞰撮影でおわんを伏せた形に写したり見あげる方向でおわん形に写すのが基本ですが、干し柿のテントの真下に入って、上下左右対称に撮ったつもりですが手持ち撮影ですので多少の傾きがあり、最終的にはレタッチで傾きやトリミングで整えています。魚眼レンズ独特の歪みがでて広角レンズなどでは得られない作品になっています。
「撮影データ」
カメラ:ニコンD300 レンズ:10.5㎜ ISO感度:400 絞り:f/11 シャッタースピード:1/755秒 露出補正:なし ホワイトバランス:晴天 
ピクチャーコントロール:スタンダード
「視点を変える(Ⅱ)」
b0183370_15001046.jpg
「視点を変える(Ⅰ)」と同じ撮影条件ですが、立つ位置を変えて撮り比べています。背景の軒先につるされた干し柿も写りこんで「造形」と「環境」も写りこんで実りの秋が強調されています。
「視点を変える(Ⅲ)」
b0183370_15064332.jpg
つるされた干し柿の端から中に向かって撮っています。外から見るのとは違った干し柿の世界です。
「撮影データ」
カメラ:ニコンD7200 レンズ:16-85㎜(38㎜) ISO感度:オート(3200) 絞り:f/16 シャッタースピード:1/20秒 露出補正:-0.5 
ホワイトバランス:晴天 ピクチャーコントロール:スタンダード
「干し柿のリズ」
b0183370_15352992.jpg
干し柿を部屋の中から撮っています。光の当たり方と大小を付けてリズム感を醸し出しています。この作品もパンフォーカスが必要ですのでf/11まで絞り込んで撮っています。
「撮影データ」
カメラ:ニコンD7200 レンズ:16-85㎜(40㎜) ISO感度:オート(800) 絞り:f/11 シャッタースピード:1/125秒 露出補正:-0.5
ホワイトバランス:晴天 ピクチャーコントロール:スタンダード


[PR]
Commented by marukun1234 at 2017-11-05 13:39
こんにちは 大阪の祭り好きです 去年行ったころ柿の郷 楽しい撮影会でした 山口の撮影会 もうすぐ 天気良い事祈って 楽しみにしています
by hanakanji | 2017-11-03 15:41 | Comments(1)