散歩で写真を楽しもう


by hanakanji
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

落紅葉撮影

公園の片隅ではいち早く枝から旅立った葉が水面に浮かぶ姿もこの時期しか撮れませんし、北風に負けて枝から旅立った紅葉の葉は地面をジュータン模様にしたり造形美を見せてくれます。これからは地上や水面で紅葉撮影を楽しみましょう。
「錦秋の水面」
b0183370_20465272.jpg
以前、花の博覧会が開催された「大阪鶴見緑地」の日本庭園の一角です。人工の疏水が30㎝ほどの滝を作っています。上部にはまだ木々たちの彩りがあります。水面に写り込んだ姿はまさに錦秋を感じさせます。小さな滝?の曲線がS字になるポジションとアングルを決めています。シャッタースピードを1/20秒にして撮ったこと音が聞こえてきます。一枚の葉がこの位置にくるまで待ってシャッターを切っています。流れや滝の撮影はスローシャッターだけとは限りません。
「撮影データ」
カメラ:ニコンD700 レンズ:16-85㎜(85㎜) ISO感度:オート(400) 絞り:f/16 シャッタースピード:1/20秒 露出補正:-0.5 
ホワイトバランス:オート ピクチャーコントロール:スタンダード
「落葉のかるた」
b0183370_20472747.jpg
雨上がりの庭園。落ちた葉がベンチに張り付いています。ベンチの模様は木の年輪のようです。我々日本人好みの日本画的な静かな雰囲気を表現するためのコツは露出と葉の並び方です。明るめの露出で撮っています。水彩画のようになり暖かな雰囲気も醸し出されています。葉はベンチの上だけでは足りませんので近くに落ちていた葉を置いています。このような被写体では自分の好みになるようにするには手を加えるしかありません。ピクチャーコントロールは「ポートレート」でとってプリント時に明瞭度を上げています。
「撮影データ」
カメラ:ニコンD800 レンズ:24-120㎜(120㎜) ISO感度:オート(280) 絞り:f/16 シャッタースピード:1/180秒 露出補正:-0.5 
ホワイトバランス:晴天 ピクチャーコントロール:ポートレート
「手水鉢の秋」
b0183370_23273961.jpg
この作品も雨の日です。社寺の手水鉢?に竹囲いがあり色鮮やかな紅葉が雨にぬれて張り付いています。古い社寺の雰囲気も出すように、竹の一部も入れて撮っています。偏光フィルターも使わずに空の青さが出るアングルから酔っていますし、雨上がりのとしっとりした色調と反射で光ったこと、そして歴史を感じさせるためにマイナスの露出補正をしています。影になっている場所をホワイトバランスを晴天で撮って青み¥を強調した事も歴史とともに重厚な雰囲気も醸し出しています。
「撮影データ」
カメラ:ニコンD300S レンズ:16-85㎜(85㎜) ISO感度:オート(2800) 絞り:f/8 シャッタースピード:1/15秒 露出補正:-1.0 
ホワイトバランス:晴天 ピクチャーコントロール:ポートレート
「秋の水路」
b0183370_23280229.jpg
落葉の後の雨の日は被写体の宝庫です。両側はコケで覆われた小さな水路に多くの落ち葉がたまっています。苔の緑と紅葉の色どりがポイントです。この作品も偏光フィルターは使わずに水面に空の青い反射が出るアングルから撮っています。雨上がりの雰囲気が醸し出されています。
「撮影データ」
カメラ:ニコンD300S レンズ:16-85㎜(85㎜) ISO感度:オート(800) 絞り:f/8 シャッタースピード:1/45秒 露出補正:-1.0 
ホワイトバランス:晴天 ピクチャーコントロール:ポートレート
「黄金色の水面」
b0183370_23295183.jpg
紅葉は楓などの紅色だけではありません。イチョウの黄色やケヤキ?の茶色く染まる葉も秋の被写体です。公園の疏水です。水面いっぱいにケヤキの葉が浮いています。
この日は青空でしたので上部にイチョウの黄色が入るポジション、そして水面に青空が写るアングルから撮っています。小石を投げて波紋を作ったことで動きも完二され
「撮影データ」
カメラ:ニコンD7100 レンズ:18-55㎜(120㎜) ISO感度:オート(2800) 絞り:f/16 シャッタースピード:1/60秒 露出補正:-1.0
ホワイトバランス:晴天 ピクチャーコントロール:ポートレート
「午後のまどろみ」
b0183370_23291210.jpg
洋書の上に一枚の紅葉を置いてその上に水晶玉を置いています。水晶玉が下の紅葉で赤くなるアングルを差が得いて撮っています。午後の窓辺でまどろむような雰囲気を
出すために撮影後の「画像編集メニュー」の「フィルター効果」で「ソフト効果」にしています。ソフト効果で滲みがでたことと。+1.0の露出補正と相まってイメージ通りの作品になりました。+1.0の露出補正も*カメラによって「ソフト効果」が入っていないカメラもあります。
「撮影データ」
カメラ:ニコンD800 レンズ:マイクロ105㎜ ISO感度:オート(560) 絞り:f/3.2 シャッタースピード:1/350秒 露出補正:1.0
ホワイトバランス:晴天 ピクチャーコントロール:ポートレート


[PR]
Commented by marukun1234 at 2017-11-21 18:04
こんばんは 大阪の祭り好きです 先日山口撮影お疲れ様でした 色んな 話も聞かせてもらって 勉強になりました 29日楽しみにしております
by hanakanji | 2017-11-21 09:51 | Comments(1)