散歩で写真を楽しもう


by hanakanji
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

桜撮影のいろいろ

桜の開花宣言がされだした。これから1ケ月ほどかけて北海道まで北上していきます。全国には○○桜、○○一本桜、○○滝桜など多くのカメラマンでにぎわいます。ただ、特定の桜が中心になりますが、植物園や地域の公園では早咲きのカンザクラから八重桜まで1ケ月にわたって様々な桜撮影を楽しめますし、街中を流れる川沿いの桜などでも撮影が楽しめます。今年は身近場所で「さくら散歩」を楽しもう。
「春の彩り」
b0183370_17085243.jpg
3月下旬。神代植物公園では速咲き?のしだれ桜や色鮮やかな花ももが咲きそろい互いが美を競い合っているかのようです。彩りと春の光を表現するため、16-35㎜の16㎜側の超広角レンズで枝垂れの下に入ってメインは青空を背景の枝垂れを配置、背景に色鮮やかな花ももが入るアングルで撮影。桜の透明感が光の存在を示しているし、鮮やかな花ももが「春の彩り」が表現されました。(撮影日:2013年3月22日)
「撮影データ」
カメラ:ニコンD800 レンズ:16-35㎜(16㎜) ISO感度:オート(400) 露出モード:A(絞り優先) 絞り:f/11 シャッタースピード:1/350秒 
露出補正:なし ホワイトバランス:晴天 ピクチャーコントロール:ポートレート アクティブDライティング:しない 画質モード:RAW(12bit)
「水辺の春」
b0183370_17075121.jpg

新宿御苑、中の池の水辺。ソメイヨシノ、紅枝垂れ?新緑と春を待ちわびていた木々たちの喜びが聞こえてきそうです。そんな木々たちの喜びの声を表現するため、ソメイヨシノは小さいですが木々たちの彩りを中心にしています。水面の太陽の輝きも春の光を表しています。(撮影日:2017年4月7日)
「撮影データ」
カメラ:ニコンD720 レンズ:16-80㎜(80㎜) ISO感度:オート(6400) 露出モード:A(絞り優先) 絞り:f/11 シャッタースピード:1/4000秒 
露出補正:なし ホワイトバランス:晴天 ピクチャーコントロール:ポートレート アクティブDライティング:しない 画質モード:RAW(12bit)
「額ぶち効果」
b0183370_18334069.jpg
新宿御苑・中の池の橋の横に、ソメイヨシノの老木が咲いています。木だけを撮れば水面を背景にした桜の作品で終わりますが、広角側で柵の前にしゃがみこんで、上下に柵を配置。額ぶち効果と柵を斜めに配置したことで変化とともに奥行き感も醸し出されています。この周辺は多くの人たちで混雑していますが、柵の前にしゃがみこむことで邪魔な人たちも入りません。また、影の部分が多くそのま撮れば明るくなりますのでマイナスの露出補正をしています。現在のこの桜の枝の先は水に沈んでいます。(撮影日:2012年4月7日)
「撮影データ」
カメラ:ニコンD700 レンズ:24-120㎜(35㎜) ISO感度:オート(6400) 露出モード:A(絞り優先) 絞り:f/11 シャッタースピード:1/4000秒 
露出補正:-1.5 ホワイトバランス:晴天 ピクチャーコントロール:スタンダード アクティブDライティング:しない 画質モード:RAW(12bit)
「ピクチャーコントロール」
b0183370_20444636.jpg
雨の日です。奇跡が起こりました。満開のソメイヨシノですが周りには人影が全く見えません。上の「額ぶち効果」と同じ老木ですが池の対岸から撮りました。雨の日で傘をさしながらの撮影でしたが、ニコンのVR効果とISO感度自動制御のおかげでブレはありません。また、マイクロ105㎜で老木を画面中央部に大きく配置したことで迫力と力強さが醸し出されています。背景の草の緑もよいアクセントになっています。ただ、雨、被写体のコントラストや彩度が引い条件下でスタンダードで撮ったことで立体感の乏しい画像になっています。
「撮影データ」
カメラ:ニコンD7200 レンズ:マイクロ105㎜ ISO感度:オート(2800) 露出モード:A(絞り優先) 絞り:f/16 シャッタースピード:1/320秒 
露出補正:-0.5 ホワイトバランス:晴天 ピクチャーコントロール:スタンダード アクティブDライティング:しない 画質モード:RAW(12bit)
「キャプチャーNX-Dでレタッチ」
b0183370_20263105.jpg
RAWで撮っています。上の画像をキャプチャーNX-Dで「ピクチャーコントロール」を「ビビッド」に変換しました。ソメイヨシノに赤みが付きましたし背景の草の緑もでてコントラストの良い画像になっています。合わせて、老木の持つ力強さと迫力も醸し出されています。最近のカメラではRAW画像で撮った画像は、画像編集メニーのRAW現像ではホワイトバランスやピクチャーコントロール、露出補正など基本的なレタッチができます。ここでは元画像はそのままでレタッチされた画像は
JPEGとして同じメモリーカード内に保管されます。万が一の時はRAW画像の方が調整が効くようです。
「シルエットを生かす」
b0183370_17105061.jpg
「春の彩り」の撮影ポジションの散策路を挟んで右側から撮っています。この日は快晴でしだれ桜も満開です。12-24㎜(20㎜)の広角ズームで幹に寄りかかって、V字になっている枝が最も目立つポジションから観光客の姿が入らないアングルを探して撮っています。黒い幹が画面を引き締めています。
「撮影データ」
カメラ:ニコンD7200 レンズ:12-24㎜(20㎜) ISO感度:オート(400) 露出モード:A(絞り優先) 絞り:f/11 シャッタースピード:1/250秒 
露出補正:なし ホワイトバランス:晴天 ピクチャーコントロール:ポートレート アクティブDライティング:しない 画質モード:RAW(12bit)

*誤字・脱字・文脈の間違いなどはご容赦ください。
*今後の更新は第一、第三金曜日をめどに行います。


[PR]
Commented by 野口 清和 at 2018-03-25 21:13 x
先生!久しぶりにHP拝見させて頂きました。
写真を掲載し、その写真のデータまで添付。
そして、解説を載せている。
大変参考になりました。
ありがとうございました。
今後とも宜しくお願い致します。
by hanakanji | 2018-03-16 21:20 | Comments(1)