散歩で写真を楽しもう


by hanakanji
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

今年のアジサイとゆりの花

今年は全ての花が早く咲いて撮影時期を逃したという多くの声を聞きましたが、全てがだめでなくその人の見方に過ぎません。全ての被写体に言えることですが自分の目で確かめることが大切です。被写体にあった天候を選ぶのも大切です。今年は、晴天が続きましたが雨を待って撮影に出かけました。晴天では撮れない作品が撮れました。人それぞれに好みや感じ方が違います。今年も多くのアジサイたちやゆりの花たちと出会いました。鬼が笑う来年の話になりますが、参考にしてください。
「南沢あじさい山①」
b0183370_10221624.jpg
東京都・武蔵五日市にある「南沢あじさい山」に雨をまって出かけました。新緑の中雨に打たれた色とりどりのあじさいが生き生きとした姿を見せていました。背景の山間にはガスも湧きだして「梅雨時の里山」が表現されました。雨に日だから撮れた作品です。
「撮影データ」
カメラ:ニコンD7500 レンズ:16-80㎜(44㎜)ISO感度:オート(560) 露出モード:A(絞り優先) 絞り:f/16 シャッタースピード:1/125秒 
露出補正:-1.0 ホワイトバランス:オート1 ピクチャーコントロール:ポートレート(輪郭強調:+2 明瞭度:+3 コントラスト:0.0 明るさ:+1.色の濃さ:-1.0にカスタム設定) アクティブDライティング:より強め 画質モード:RAW(12bit)
「「南沢あじさい山①」
b0183370_10235662.jpg
遊歩道の一角に一株のアジサイが咲いていました。背景は土手のような傾斜地。大きな木も見えます。左上には小人のような木象もあります。D7500のライブビューにしてカメラw自慢に置いて広角でアジサイの全体が入るように撮影距離を決めて撮っています。環境も写りこんで小人たちの森のような雰囲気が醸し出されています。
「撮影データ」
カメラ:ニコンD7500 レンズ:16-80㎜(16㎜)ISO感度:オート(800) 露出モード:A(絞り優先) 絞り:f/8 シャッタースピード:1/125秒 
露出補正:-1.0 ホワイトバランス:オート1 ピクチャーコントロール:ポートレート(輪郭強調:+2 明瞭度:+3 コントラスト:0.0 明るさ:+1.色の濃さ:-1.0にカスタム設定) アクティブDライティング:より強め 画質モード:RAW(12bit)
「CDケースと画像合成①」
b0183370_11182174.jpg
晴天です。咲いているアジサイだけを撮っても平凡になります。写真には遊び心も必要です。D750の画像合成機能を使って梅雨時のイメージを高めました。透明のCDケースに霧吹きで水滴を付けて空を背景に水滴にピントを合わせて撮ります。カメラ内の画像編集メニューから「画像合成」を使ってカメラの内で二枚の画像を合成しています。RAW画像が条件です。詳細は使用説明書の「画像合成」を参照してください。水滴を撮るときはマイクロレンズが適しています。
「CDケースと画像合成②」
b0183370_12042446.jpg
撮影方法は①と同じですが、CDケースに霧吹きで付けた水滴を指でなぞって撮っています。複数枚、水滴のパターンを変えて撮っておきます。画像合成でアジサイがハッキリするカットを選んで合成しています。
「曇天・雨天でも見あげれば逆光」
b0183370_12061606.jpg
曇天でも雨天でも見あげるアングルは逆光です。ガクアジサイは後ろから撮った方が形や透明感が出ます。葉でガクアジサイを大きく隠していますが逆光がガクアジサイいとともに葉にも透明感を与えています。AF28-105㎜は廃番になっていますが、フルサイズのカメラでは28㎜の広角から105㎜の中望遠、そして特筆すべきは35㎜~105㎜の間では1/2倍の接写が可能です。同じ機能を持っている24-85㎜は発売中です。簡易の接写にはこれで十分です。機材が重く感じだしているユーザーには嬉しいレンズでs。ニコンさんにはぜひデジタル対応で発売してほしいレンズです。
「撮影データ」
カメラ:ニコンD750 レンズ:28-105㎜(105㎜)ISO感度:オート(2800) 露出モード:A(絞り優先) 絞り:f/11 シャッタースピード:1/350秒 
露出補正:+0.5 ホワイトバランス:晴天ピクチャーコントロール:ニュートラル(輪郭強調:+2 明瞭度:+2 コントラスト:0.0 明るさ:+1.色の濃さ:-1.0にカスタム設定) アクティブDライティング:より強め 画質モード:RAW(12bit)

◆西部所沢ゆり園は都心からも近くカメラマンに人気のゆり園。早咲き、遅咲きといろいろな種類のゆりが植えられていて長期にわたって撮影が楽しめます。どのような植物でもそうですが、雨が降らないと生彩を欠くようです。台風のような雨は別にして雨の日は観光客も少ないですし、色とりどりのゆりたちも一層艶やかに見えます。
翌日も同様で木陰の下のゆりの葉先に水滴が付いていたりする姿は写真向きです。ここも、早い!と言われていましたが雨の日、現地に行くと写し頃のゆりたちが雨を楽しんでいるように咲き誇っていました。今年、6月20日(雨天)と21日(晴天)に出会ったゆりたちです。
「森の妖精」
b0183370_12535269.jpg
新緑がまぶしい大きな木の下でカラフルなゆりたちが遊んでいる姿はまさに「森の妖精」です。雨の日ですが、見あげるアングルで撮っていますので逆光です。木の瑞々しさとゆりの輝きが強調されています。
「撮影データ」
カメラ:ニコンD7500 レンズ:18-3000㎜(92㎜)ISO感度:オート(6400) 露出モード:A(絞り優先) 絞り:f/11 シャッタースピード:1/250秒 
露出補正:+0.5 ホワイトバランス:晴天 ピクチャーコントロール:ポートレート(輪郭強調:+2 明瞭度:+3 コントラスト:0.0 明るさ:+0.5 色の濃さ:-1.0にカスタム設定) アクティブDライティング:より強め 画質モード:RAW(12bit)
「雨の日」
b0183370_12542442.jpg
なだらかな丘にカラフルなゆりが満開。丘の雰囲気が出るポジションから、一時、雨が上がった時でしたのでレンズの表面に息をかけた後、息による曇りの状態を見ながらシャッターを切った。上部だけが霧がかかったようになって霧に煙る雰囲気が表現された。
「撮影データ」
カメラ:ニコンD7500 レンズ:18-3000㎜(92㎜)ISO感度:オート(900) 露出モード:A(絞り優先) 絞り:f/16 シャッタースピード:1/100秒 
露出補正:0.0 ホワイトバランス:晴天 ピクチャーコントロール:ポートレート(輪郭強調:+2 明瞭度:+3 コントラスト:1.0 明るさ:+0.5 色の濃さ:-1.0にカスタム設定) アクティブDライティング:より強め 画質モード:RAW(12bit)
「そのものズバリを撮る」
b0183370_12545130.jpg
雨の日。二輪のゆりが瑞々しく見えました。周りを入れず形が最も生きるポジション、アングルから撮っています。白、紅色、緑と彩度が強いため、撮影後カメラの画像編集のフィルター効果でソフトを選んで柔らかさを出しています。このような場面ではISO感度自動制御、高倍率ズームが有効ですし、4段分の手ぶれ補正は強い味方です。
「撮影データ」
カメラ:ニコンD7500 レンズ:18-3000㎜(86㎜)ISO感度:オート(900) 露出モード:A(絞り優先) 絞り:f/5.6 シャッタースピード:1/320秒 
露出補正:0.0 ホワイトバランス:オート1 ピクチャーコントロール:ポートレート(輪郭強調:+2 明瞭度:+3 コントラスト:0.0 明るさ:+0.5 色の濃さ:-1.5にカスタム設定) アクティブDライティング:より強め 画質モード:RAW(12bit)
「雰囲気」
b0183370_12552430.jpg
満開のゆり園。一輪のゆりに近づいて大きく撮った。広角側で撮ったことで主題が明確になっていますし遠近感が強調されたし背景も写りこんで満開のゆり園が表現されました。
「撮影データ」
カメラ:ニコンD7500 レンズ:18-3000㎜(25㎜)ISO感度:オート(400) 露出モード:A(絞り優先) 絞り:f/8 シャッタースピード:1/250秒 
露出補正:+0.5 ホワイトバランス:晴天 ピクチャーコントロール:ポートレート(輪郭強調:+2 明瞭度:+3 コントラスト:0.0 明るさ:0.0 色の濃さ:0.0にカスタム設定) アクティブDライティング:より強め 画質モード:RAW(12bit)
「雨の日と晴天の木陰」
b0183370_12572719.jpg
b0183370_12575128.jpg
同じ被写体でも天候によって印象が違います。上は快晴の日です。透明感が出ています。下は雨が降っている。花弁や葉先に付いた水滴が潤いを感じさせています。
「背景は日向、手前は木陰」
b0183370_12581557.jpg
木陰に咲くゆりを背景が日向になるポジション、アングルから撮影。主題のゆりは半分シルエットになって柔らかな雰囲気の作品になりました。
「撮影データ」
カメラ:ニコンD7500 レンズ:18-3000㎜(300㎜)ISO感度:オート(1800) 露出モード:A(絞り優先) 絞り:f/5.6 シャッタースピード:1/750秒 
露出補正:+1.0 ホワイトバランス:晴天 ピクチャーコントロール:ポートレート(輪郭強調:+2 明瞭度:+3 コントラスト:1.0 明るさ:+1.0 色の濃さ:0.0にカスタム設定) アクティブDライティング:より強め 画質モード:RAW(12bit)
「形」
b0183370_12560385.jpg
レンズをのぞいていて、ゆりを正面から見ると星型になっていることに気付いた。星型の形が変形しないようにカメラアングルはゆりの花芯に合わせて望遠側で撮っています。開放絞りで背景を大きくぼかしたことも主題の存在感を高めています。花弁の上に小さな汚れがあったのでニコンキャプチャーNX-Dの自動レタッチで消しています。
「撮影データ」
カメラ:ニコンD7500 レンズ:18-3000㎜(200㎜)ISO感度:オート(500) 露出モード:A(絞り優先) 絞り:f/5.6 シャッタースピード:1/500秒 
露出補正:+0.5 ホワイトバランス:晴天 ピクチャーコントロール:ポートレート(輪郭強調:+2 明瞭度:+3 コントラスト:1.0 明るさ:+0.5 色の濃さ:0.0にカスタム設定) アクティブDライティング:より強め 画質モード:RAW(12bit)

*誤字・脱字・文脈の違いはご容赦ください



[PR]
by hanakanji | 2018-06-23 14:28 | Comments(0)