散歩で写真を楽しもう


by hanakanji
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ヒマワリを撮る

今年の夏は殺人的な暑さの連続。そんな中でも夏を代表する花、ヒマワリは大輪の花を咲かせます。蒼い空にもくもくの入道雲が一番似合いますが、近場の植物園や公園などでも撮影が楽しめます。暑い中です。ザックは両手が使えていいのですが、背中が汗だくになります。体力の消耗を防ぐためカメラとレンズは1本ずつでショルダーバックがいいようです。レンズは高倍率のズームレンズが役立ちます。座間市の「ヒマワリ畑と昭和記念公園におヒマワリ畑を28-300㎜で撮りました。10.5㎜は小さく軽いため造形のイメージも持っていましたので座間のヒマワリ畑に持って行きました。ヒマワリはまだまだ撮れます。暑い中ですが自分のペースで夏撮影を楽しんでください。
「ミツバチのホバリングを撮る」

b0183370_17185698.jpg
ニコンの18-300㎜の最短撮影距離は約50㎝です。蜜を吸いに来たミツバチを300㎜で最短撮影距離まで近づいて撮っています。よく観察するとホバリングする瞬間があります。AFで大まかにピントを合わせて細部のピント合わせは自分が前後してミツバチにピントがあったと思ったら連写で撮って後でピントのよい画像を選びます。接写ですが300㎜の超望遠の最短撮影距離は非常に浅い被写界深度です。そのためにf/16まで絞りこんで撮っています。(座間市・栗原)
「撮影データ」
カメラ:ニコンD500 レンズ:18-300㎜(300㎜)ISO感度:オート(2000) 露出モード:A(絞り優先) 絞り:f/16 シャッタースピード:1/1000秒 
露出補正:なし ホワイトバランス:オート1 ピクチャーコントロール:ニュートラル(輪郭強調:+2 明瞭度:+3 コントラスト:+1 明るさ:+1にカスタム設定)アクティブDライティング:強め 画質モード:RAW(12bit)
「魚眼で造形」
b0183370_17201588.jpg
ニコンDX10.5㎜の魚眼レンズの最短撮影距離は約28㎝です。大きなヒマワリを探して逆光で可能な限り近づいて撮りました。花弁の隙間から洩れた光が暗くなる花芯部分に光の帯を作ったことで造形とともに変化のある作品になっています。(座間市・栗原)
「撮影データ」
カメラ:ニコンD500 レンズ:10.5㎜ISO感度:オート(400) 露出モード:A(絞り優先) 絞り:f/16 シャッタースピード:1/500秒 
露出補正:なし ホワイトバランス:オート1 ピクチャーコントロール:ニュートラル(輪郭強調:+2 明瞭度:+3 コントラスト:+1 明るさ:+1にカスタム設定)アクティブDライティング:強め 画質モード:RAW(12bit)
「環境も入る」
b0183370_17204544.jpg
座間の栗原地区のヒマワリ畑からは大山が見えます。咲いている環境も入れるためヒマワリ、雲、大山がバランスよく入るポジションを探しました。立ったまま撮ると街並みが写るためしゃがんで撮っています。逆光でヒマワリが輝いて透明感も出ています。ヒマワリまでの距離が近く大山の形がわかるようにf/22まで絞り込んでいます。
(座間市・栗原)
「撮影データ」

カメラ:ニコンD500 レンズ:18-300㎜(82㎜)ISO感度:オート(900) 露出モード:A(絞り優先) 絞り:f/22 シャッタースピード:1/250秒 
露出補正:なし ホワイトバランス:オート1 ピクチャーコントロール:ニュートラル(輪郭強調:+2 明瞭度:+3 コントラスト:+1 明るさ:+1にカスタム設定)アクティブDライティング:より強め 画質モード:RAW(12bit)
「休耕田の雰囲気を出す」
b0183370_17221043.jpg
座間市の栗原のヒマワリ畑は休耕田にヒマワリを植えたようです。一面のヒマワリもいいですが、当時の名残も出すためあえて木の根を入れて撮っています。新鮮なヒマワリの作品になりました。(座間市・栗原)
「撮影データ」
カメラ:ニコンD500 レンズ:18-300㎜(58㎜)ISO感度:オート(900) 露出モード:A(絞り優先) 絞り:f/16 シャッタースピード:1/200秒 
露出補正:なし ホワイトバランス:オート1 ピクチャーコントロール:ニュートラル(輪郭強調:+2 明瞭度:+3 コントラスト:+1 明るさ:+1にカスタム設定)アクティブDライティング:強め 画質モード:RAW(12bit)
「行進」
b0183370_17252184.jpg
広々としたヒマワリ畑の雰囲気を出すために見晴らし台の上からヒマワリたちがこちらに向かって行進してくるイメージで並びを中心に撮っています。画面上に坂道を少し入れたことで奥行きと丘の雰囲気も醸し出されています。この時間帯は太陽は顔を出していなかったためピクチャーコントロールは「スタンダード」で撮っています。
「撮影データ」
カメラ:ニコンD500 レンズ:18-300㎜(300㎜)ISO感度:オート(2000) 露出モード:A(絞り優先) 絞り:f/16 シャッタースピード:1/1000秒 
露出補正:なし ホワイトバランス:オート1 ピクチャーコントロール:ニュートラル(輪郭強調:+2 明瞭度:+3 コントラスト:+1 明るさ:+1にカスタム設定)アクティブDライティング:強め 画質モード:RAW(12bit)
「暑さを表現」
b0183370_18371828.jpg
暑さを表現するため手前に影、背景は日向で輝くヒマワリを配置。強い明暗差が生まれて額ぶち効果とともに暑さも表現されています。

「撮影データ」
カメラ:ニコンD500 レンズ:18-300㎜(82㎜)ISO感度:オート(400) 露出モード:A(絞り優先) 絞り:f/16 シャッタースピード:1/250秒 
露出補正:-0.5 ホワイトバランス:晴天 ピクチャーコントロール:スタンダード(輪郭強調:+2 明瞭度:+3 コントラスト:+1 明るさ:+1にカスタム設定)
アクティブDライティング:標準 画質モード:RAW(12bit)
「席巻」
b0183370_18364312.jpg
小高い所から俯瞰気味で撮っています。大きな木の周囲に植えられた多くのヒマワリがこの木を守っているように見えました。逆光ではありませんがトップライトがさした瞬間をとらえたことで夏の力強い光と透明感も醸し出されました。公園や植物園だから撮れた作品です。
「撮影データ」
カメラ:ニコンD500 レンズ:18-300㎜(125㎜)ISO感度:オート(1800) 露出モード:A(絞り優先) 絞り:f/16 シャッタースピード:1/400秒 
露出補正:-0.5 ホワイトバランス:晴天 ピクチャーコントロール:スタンダード(輪郭強調:+2 明瞭度:+3 コントラスト:+1 明るさ:+1にカスタム設定)
アクティブDライティング:標準 画質モード:RAW(12bit)

*誤字・脱字・文脈の違いはご容赦ください。


[PR]
by hanakanji | 2018-07-29 18:53 | Comments(0)