散歩で写真を楽しもう


by hanakanji
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

稲村ケ崎「小さな絶景」(Ⅱ)

おさらい
以前にも述べましたがND(減光)フィルターは滝や流れを撮るのではなく、日中の浜辺など明るい場所でシャッタースピードを遅くして寄せてくる波や引く波を絹の糸や雲海のように見せるときに使います。稲村ケ崎「小さな絶景」も日中にNDフィルターを撮っています。NDフィルターを使うときは①測光モードは中央部重点測光②ピント合わせはNDフィルターなしでピントを合わせた後、レンズにAF-Mの切り替えがあるレンズはこちらをMにします。ない場合はカメラ側のAF-MをMにします。③構図を決めた後NDフィルターを付けます。④日中でも1秒以上のスローシャッターになりますので三脚を使います。⑤少しのブレでも目立ちますのでリモートコード、レリーズ、リモコンを使います。忘れた場合はセルフタイマーを使います。⑥シャッターを切る前に接岸部分(のぞくところ)を手のひらで覆ってからシャッターを切ります。⑦シャッターを切った後は手を離します。
NDフィルターの2とか4,8,32などの数字はいくらシャッタースピードを遅くできるかを表しています。
ND2:1段 ND4:2段 ND8:3段 ND16:4段 ND32:5段 ND64:6段 ND400:9段シャッターを遅くすることができます。
たとえば、NDフィルター無しの場合、1/250秒の場面でND64を使うと5段分シャッタースピードが遅くなります。1/250秒が1/4秒で切れることになります。
「浜辺の滝」
b0183370_21473962.jpg
風景写真はパンフォーカスが基本です。岩礁に打ち寄せる波を滝のようにすることと撮影場所がわかると同時に奥行きを出すために16㎜の広角で右上に江ノ島を配置して俯瞰撮影しています。パンフォーカスにするため絞りはf/22まで絞り込んだことND400、そしてISO感度を100にしたことが相まって日中でも4秒になり、イメージ通り浜辺に滝が現れています。
「撮影データ」
カメラ:ニコン850 レンズ:16-35㎜(16㎜)ISO感度:100 ND400使用 露出モード:A(絞り優先) 絞り:f/22 シャッタースピード:4秒 
露出補正:無し ホワイトバランス:自然光オート ピクチャーコントロール:ポートレート(輪郭強調:+2.0 明瞭度:+3.0 コントラスト:1.0 明るさ:+1.0にカスタム設定)アクティブDライティング:オート 画質モード:RAW
「渓谷」
b0183370_21471630.jpg
太陽が傾くと岩の影が砂浜に投影されます。影の岩の高さは約50㎝程度しかありませんが影が山のように見えるポジション、そして高さを強調するために俯瞰で左側に海水でえぐれたようになっている岩を配置。比較的遅い引き波でしたのでシャッタースピードを5秒、10秒、15秒と撮り比べています。10秒が渓谷の高さと合間をとうとうと流れるイメージに合いました。山のような影を強調するためマイナスの露出補正をしています。
「撮影データ」
カメラ:ニコンZ6 レンズ:16-35㎜(20㎜)ISO感度:100 ND400を知用 露出モード:A(絞り優先) 絞り:f/19 シャッタースピード:10秒 
露出補正:-1.0 ホワイトバランス:自然光オート ピクチャーコントロール:ビビッド(輪郭強調:+4.0 明瞭度:+2.0 コントラスト:1.0 明るさ:0.0にカスタム設定)アクティブDライティング:オート 画質モード:RAW
「渓谷の流れ」
b0183370_21481738.jpg
見ていると寄せ波が岩場の合間を流れ落ちていました。渓流のイメージで岩を多めにして、下の方にも海水が流れ込んできたときにシャッターを切っています。シャッタースピードをあまりおしくし過ぎると流れがでなくなります。1秒、1/4秒、1/8秒と撮り比べて1/4秒の画像が流れ落ちる瀬音も聞こえてきそうです。
「撮影データ」
カメラ:ニコン850 レンズ:28-300㎜(250㎜)ISO感度:100 ND400を知用 露出モード:A(絞り優先) 絞り:f/32 シャッタースピード:1/4秒 
露出補正:-1.0 ホワイトバランス:自然光オート ピクチャーコントロール:ビビッド(輪郭強調:+4.0 明瞭度:+1.0 コントラスト:0.0 明るさ:+1.0にカスタム設定)アクティブDライティング:オート 画質モード:RAW
「雲海」
b0183370_21485345.jpg
高さ約1mです。打ち寄せる波を超スローシャッターで「切ったことで波が霧状になって雲海が発生したように見えまました。手前に岩を配置したことで数十メータ上の崖から見て、吸いこまれるような錯覚にとらわれます。Z6,Z7には回折補正機能が加わり、岩肌の細かな部分は絞りこんでも解像感の低下は感じられません。絞りこんでパンフォーカスで撮る風景写真には頼もしい味方が加わりました。
「撮影データ」
カメラ:ニコンZ6 レンズ:Z24-70㎜(24㎜)ISO感度:100 ND400を知用 露出モード:A(絞り優先) 絞り:f/22 シャッタースピード:6秒 
露出補正:-1.0 ホワイトバランス:自然光オート ピクチャーコントロール:スタンダード(輪郭強調:+2.0 明瞭度:+2.0 コントラスト:3.0 明るさ:+1.0にカスタム設定)アクティブDライティング:オート 画質モード:RAW

*誤字・脱字。文脈の違いはご容赦ください。

by hanakanji | 2019-01-29 23:07 | Comments(0)