散歩で写真を楽しもう


by hanakanji
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

2010年 12月 09日 ( 1 )

冬の花を撮る

温室に行くと豪華でカラフルなランなどを年間を通してみることができますが
植物園などでは花を見ると季節の移ろいを感じます。
■大きなボケを生かしてファンタジックに
花の作品はマイクロレンズとは限りません。鉢植えのシクラメンを撮ってみました。
手前には赤色のシクラメン、背景に白色のシクラメンがありました。
望遠レンズは大きなボケが特長ですし最短撮影距離も短くなっています。
VR55-200㎜(200㎜)で絞値はf5.6.ピントは背景の白いシクラメンに合わせ、手前の赤いシクラメンは動かしてレンズにくっつくようにしています。暗くなる条件ですから+1.0の露出補正をしています。
b0183370_23494889.jpg

■ズームレンズが便利
16-85㎜の最短撮影距離は約38㎝です。冬の公園に咲いているサザンカを撮ってみました。焦点距離は55㎜でバランスのいい画面になっていますし、近づいて撮っているため絞値f8でも背景がきれいにボケています。雨上がり、葉上の水滴もよいアクセントになっています。
●部分のアップ写真はマイクロレンズが必要ですが、花木ではズームレンズの方が便利です。
b0183370_23555562.jpg

[PR]
by hanakanji | 2010-12-09 23:57 | Comments(0)