散歩で写真を楽しもう


by hanakanji
カレンダー

2018年 06月 02日 ( 1 )

アジサイの造形を撮る


梅雨入りを待たずにアジサイも例年より早く開花したようです。植物園や道端に赤や紫の花を咲かせて通りすがりの人たちの目を楽しませてくれています。普段なら見られない姿も見ることができました。今年は光とボケ、そして造形をを意識した撮り方をしました。早い早いと言われていますが、アジサイの撮影はこれからが本番のようです。ただ、晴天下ではアジサイがしおれておじぎしてしまうため雨が欲しい~。
「露出の復習」
b0183370_22523437.jpg
木陰の下で咲くガクアジサイを造形とボケを生かすために少し見あげる角度で撮っています。造形やボケはいいのですが暗く写っています。
b0183370_22525717.jpg
上の作品と同じ画像ですがパソコン上でニコンキャプチャーNX-Dを使って+1.0の露出補正をしました。明るさも増していますし透明感も醸し出されて梅雨の晴れ間の雰囲気も出ています。RAW画像ならキャプチャーNX-DかViewNX-Iで露出補正ができます。
「揃い咲き」
b0183370_08221517.jpg
アジサイの開花が早く、さつきの花一緒に咲きました。赤が多い中でアジサイの青は小さくて野存在感があります。広角レンズでさつきに近づいて季節感を強調。季節の移ろいを画面上部にアキサイを配置して表現しています。広角レンズで大きく撮るです。
「撮影データ」
カメラ:ニコンD7500 レンズ:16-80㎜(26㎜)ISO感度:オート(400) 露出モード:A(絞り優先) 絞り:f/11 シャッタースピード:1/250秒 
露出補正:なし ホワイトバランス:晴天 ピクチャーコントロール:ニュートラル(輪郭強調+1.0 明瞭度+3 コントラスト+1.0 明るさ+1.0 色の濃さ:-1.0にカスタム設定) アクティブDライティング:強め 画質モード:RAW(12bit)
「造形」
b0183370_22565835.jpg
ガクアジサイを後ろから見ると「風車」のように見えます。光が当たっていて背景が暗めのガクアジサイ探して撮っています。暗めの背景から「風車」のようなアジサイが浮かび上がりました。葉も含めて左右対称ですので画面の中央部に配置しています。
「撮影データ」
カメラ:ニコンDf レンズ:24-120㎜(52㎜)ISO感度:オート(2000) 露出モード:A(絞り優先) 絞り:f/11 シャッタースピード:1/125秒 
露出補正:なし ホワイトバランス:晴天 ピクチャーコントロール:ポートレート(ニコンキャプチャーNX-Dで輪郭強調:+1.0、コントラスト、明瞭度:+3   明るさ:+1.0の調整) アクティブDライティング:強め 画質モード:RAW(12bit)
「ボケを生かす」
b0183370_22542071.jpg
6月1日の撮影です。新緑の下に咲いています。周りは緑一色です。ホワイトバランスが「晴天」ですと緑色が強くなって淡いブルーが出ませんので「オート1(標準)」にしています。逆光になぶポジションとアングルから撮影。主題のアジサイが大きなボケと相まって緑の中から浮かび上がっています。
背景を大きくぼかすためにAF-P70-300㎜を使っています。以前の70-300㎜に比べて最短撮影距離が約20㎝短縮されたためこのように距離がある場面には重宝します。
「撮影データ」
カメラ:ニコンD750 レンズ:70-300㎜(300㎜)ISO感度:オート(2000) 露出モード:A(絞り優先) 絞り:f/5.6 シャッタースピード:1/750秒 
露出補正:なし ホワイトバランス:オート1 ピクチャーコントロール:ニュートラル(輪郭強調:+2.0 明瞭度:+2 コントラスト:0 明るさ:+1.0 色の濃さ:-1.にカスタム設定) アクティブDライティング:強め 画質モード:RAW(12bit)
「玉ボケで雰囲気を出す」
b0183370_22544368.jpg
上の作品と同じ6月1日にお撮影です。ポイントはアジサイ咲く雰囲気を出すことです。そのために背景に玉ボケが来るポジション、アングルで撮っています。上部は大きな木で覆われていますが木漏れ日は落ちています。背景のアジサイに光が当たるのを待って撮っています。カラフルな色の玉ボケになって森の中に咲く雰囲気が醸し出されました。手前のアジシと背景の明暗差が大きかったためアクティブDライティングを強めにして明暗差を整えています。
「撮影データ」
カメラ:ニコンD750 レンズ:28-105㎜(105㎜)ISO感度:オート(500) 露出モード:A(絞り優先) 絞り:f/5.6 シャッタースピード:1/1800秒 
露出補正:-1.0 ホワイトバランス:晴天 ピクチャーコントロール:ニュートラル(輪郭強調:+2 明瞭度:+2 コントラスト:0 明るさ+2. 色の濃さ:-1.0にカスタム設定) アクティブDライティング:強め 画質モード:RAW(12bit)
「光を生かす」
b0183370_22554547.jpg
大きな街路樹の下、木漏れ日を受けてアジサイが輝いていました。まずカメラを向けて撮った結果背景は明るくなっていますが主題のアジサイは明るく(露出オーバー)になっていました。撮った結果が明るければマイナスの露出補正。-0.7と-1.0を撮りました。-0.7が最も印象的な作品です。また、背景との明暗差が大きなためアクティブDライティングは「より強め」にして撮っています。
「撮影データ」
カメラ:ニコンDf レンズ:28-105㎜(90㎜)ISO感度:オート(400) 露出モード:A(絞り優先) 絞り:f/8 シャッタースピード:1/320秒 
露出補正:-0.7 ホワイトバランス:晴天 ピクチャーコントロール:スタンダード(ニコンキャプチャーNX-Dで輪郭強調:+1.0、コントラスト、明瞭度:+2
明るさ:+1.0の調整) アクティブDライティング:強め 画質モード:RAW(12bit)
「オーソドックスニに撮る」
b0183370_22551593.jpg
小さな花をこぼれんばかりに付ける「うずあじさい」。丸味と立体感を出すためにカメラアングルは「ライブビュー」にして俯瞰気味で撮っています。立体感が醸し出されました。左上に赤いアジサイも配したことで奥行きも出ています。また、日陰で柔らかな光ですが花弁の微妙な色彩と暗部諧調も出るようにピクチャーコントロールはニュートラルで撮ったままですとコントラスの低い画像になりますのでキャプチャーNX-Dで調整しています。
「撮影データ」
カメラ:ニコンDf レンズ:28-105㎜(105㎜)ISO感度:オート(400) 露出モード:A(絞り優先) 絞り:f/11 シャッタースピード:1/250秒 
露出補正:+0.7 ホワイトバランス:晴天 ピクチャーコントロール:スタンダード(ニコンキャプチャーNX-Dで輪郭強調:+1.0、コントラスト:+1、明瞭度:+2
明るさ:+1.0の調整) アクティブDライティング:強め
「光と影を生かす」
b0183370_22561140.jpg
木陰のした、暗い背景ですが木漏れ日を受けてアジサイが浮かび上がっています。葉上にはアジサイの影も落ちています。よく見る風景です。右下の影、花、そして左上のアジサイが対角線上に並ぶポジション、アングルで撮っています。
「撮影データ」
カメラ:ニコンD800 レンズ:マイクロVR105㎜ ISO感度:オート(800) 露出モード:A(絞り優先) 絞り:f/8 シャッタースピード:1/250秒 
露出補正:0 ホワイトバランス:オート1 ピクチャーコントロール:スタンダード(ニコンキャプチャーNX-Dで輪郭強調:+1.0、コントラスト:+1 明瞭度:+2
明るさ:+1.0の調整) アクティブDライティング:強め 画質モード:RAW(12bit)



[PR]
by hanakanji | 2018-06-02 21:46 | Comments(0)