散歩で写真を楽しもう


by hanakanji
カレンダー

<   2010年 12月 ( 16 )   > この月の画像一覧

都会の夜景

12月に入って空気が澄んできました。夕景、夜景撮影のチャンスです。
強風が吹いた翌日や大雨の翌日は空気中のチリやホコリがなくなり、夕焼けも真っ赤にそまります。
前に都会の夜景は「トワイライトタイム」がいいと書きました。夜景の場合は真っ暗な空が入るため画面が単調になる場合もあります。
■広角レンズの特徴を生かす
広角レンズの特徴に、深い被写界深度(ピントが合っているように見える範囲)と遠近感の誇張があります。
どっぷりと暮れたそら。真っ黒で写真的ではありません。広角レンズ(12-24㎜・14㎜側)で手前の足灯に近づいて撮っています。f22まで絞り込んだことでシャープなピントですし、足灯が大きく写り遠近感も表現。
さらに、間が抜ける?空も少なくなり都会の夜景が表現されています。
b0183370_1230419.jpg

■水面を狙う
全体を入れなくても切り取り方でイメージが膨らみます。目線を変えて水面を狙いました。ビルの灯りが水面に反射して夜景だから撮れる世界を醸し出していました。ビルの灯りは蛍光灯でしたのでホワイトバランスは「蛍光灯」にセット。灯りが白くなり都会の華やかさも表現されました。
b0183370_1256277.jpg

[PR]
by hanakanji | 2010-12-08 13:00 | Comments(0)

時間を考える

都会の夜景撮影とよく言いますが、撮る時間が大切です。
トワイライトタイム?と言われる、ビルに灯りがともり、空はまだ青みが残っている時間帯が
空の青さとビル群の灯りのバランスが最も奇麗です。
ホワイトバランスは「晴天」「オート」そして「蛍光灯」モードでも撮っておきます。
写真の撮り方に決まりはありません。条件を変えて撮っておいてできた作品から自分のイメージに
合った作品を選びます。
■トワイライトタイム
この日は夕焼けも出ました。空にはまだ青みがあります。ビル群に灯りがともりました。
夕焼けの赤みを出すためホワイトバランスは「晴天」にしています。この色味の時間帯は約15分程度
です。
b0183370_22311098.jpg

■夜景
クリスマスシーズンはさまざまなイルミネーションが輝きます。この作品は東京お台場のイルミネーションです。
背景はレインボーブリッジ。手前のイルミネーションとレインボブリッジにピントを合わせるため、広角レンズ
で絞値はf27.シャッタースピードは10秒です。
b0183370_22345635.jpg

■地下通路の青い蛍光灯を利用する
昼間見れば何気ない風景ですが夜、通路に蛍光灯が灯ると風景が一変します。青い蛍光灯が灯って
いるためホワイトバランスをオートにすると青みが出ません「晴天」モードで撮っています。この作品
も通路から背景のビル群までピントを合わせるため12-24㎜(13㎜側)でf22まで絞って撮っています。
約3秒かかりました。人物がぶれたことで動きが出ています。
b0183370_22413680.jpg

[PR]
by hanakanji | 2010-12-06 22:41 | Comments(0)

クリスマスプレゼント

星降る冬の空から、サンタクロースがプレゼントを持ってやってきた・・・・?
をイメージして撮ってみました。
■星降る夜
雪の結晶をしたイルミネーションが夜空に映えていました。イメージは星降る・・・ですから
以前にかきましたように、露光中にカメラを上下に動かしています。
スローシャッターが必要ですのでISO感度は200.絞値はf19設定することでシャッタースピード
が2秒になりました。手持ち撮影ですから手ブレが出てLEDが左右に揺れて写っています。賑やかさが出ました。
b0183370_2247780.jpg

■サンタクロースが地上に降り立った
サンタクロースの形が大切ですから手ブレが厳禁です。ISO感度800.VR18-55㎜(18㎜)絞値f5.6で1/180秒が得られ手ブレは発生していません。ISO感度をうまく使い分けしましょう。
*速いシャッタースピードで手ブレを防ぐには高いISO(800.1600.3200)感度
*遅いシャッタースピードでブレを生じさせるには低いISO(200)感度
b0183370_22473292.jpg

■プレゼント
写真はそのものズバリ撮ることも必用です。VR55-200㎜(55㎜)で絞値は解放。被写体まで約1m。背景が適度にボケて主役が浮かびあがりました。
b0183370_22475527.jpg

[PR]
by hanakanji | 2010-12-05 22:48 | Comments(0)

復習と新たな撮影

夜景やイルミネーション撮影時はホワイトバランスの設定で色が大きく変わることがあることを理解できましたか?
必ず、「晴天」と「オート」両方撮ることで失敗を防げます。
また、雨の日のイルミネーション撮影ではISO感度を800,1600,3200にすることで速いシャッター
スピードで切ることができて「手持ち」撮影も楽になります。VR(手ブレ補正)レンズならさらに効果的です。
■ピント位置で印象が大きく異なる
手前にガス灯、背景はイルミネーション。ガス灯にピントを合わせて背景を大きくぼかしています。
レンズは70-300㎜の300㎜側で絞はf5.6大きなボケも効果的でガス灯が浮かびあがりました。
迷った時は手前と背景にピントを合わせて撮り比べます。
b0183370_2310282.jpg

■雰囲気描写ならホワイトバランスは「晴天」
ケヤキ並木に数万個の電飾です。昼間のように明るく、その下は人々であふれています。
三脚は使えません。カメラはD300でISO感度は3200に設定。レンズはVR18-200絞解放(f5.6)
ホワイトバランスは「晴天」で赤味があり雰囲気が出ています。ISO感度も3200まで上げたことでブレ
もありませんし、ノイズもほとんど目立ちません。
b0183370_23165247.jpg

■イメージを大切に
この作品も「晴天」「ISO感度800」で撮影。暗い空を背景に黄色と白のLED照明で浮かびあがる
建造物が宇宙ステーションのように思えました。カメラを斜めに構えて撮ったことで動きも出て画面
に変化も出て狙い目とおりの作品に仕上がっています。構図に決りはありません。イメージ通りに
なるようカメラうぃを斜めに構えてもOKです。まずは試してみることが大切!
b0183370_2326050.jpg

[PR]
by hanakanji | 2010-12-04 23:26 | Comments(0)
イルミネーション、夜景撮影は何も特別な撮影ではありません。普通の風景の撮影と同じです。昼間か夜の違いだけ。基本的にはぶらさないことです。ISO感度と三脚を使ってブレを防ぐ。
そして、ホワイトバランスの設定です。昼間はオートでよかっても、夕景の茜色やイルミネーション
を撮る場合は青みが強くなることが多いようです。朝焼け、夕焼け、イルミネーションなどは晴天
がよさようです。「オート」と「晴天」両方撮るようにします。
■夕焼けです。上がオート、下が晴天です。全く違った印象になります。両方撮るように!
b0183370_21593393.jpg
b0183370_21595540.jpg

■雨の日も魅力的
雨の日は地面も練れてそこにイルミネーションが反射して、独特の雰囲気の作品が撮れます。
観光客が多く、雨中で傘を差しながら三脚使用は苦労します。デジタルカメラでは
ISO感度を機種によって800や1600、3200に設定することで比較的速いシャッター
スピードで切れてブレも軽減できます。
ISO感度を上げすぎると「ノイズ」がでると言う人もいますが、ノイズよりブレが厳禁です。
自信を持って高いISO感度でブレを防いでください。
b0183370_2285684.jpg
b0183370_2291350.jpg


●12月5日からブログ名を「柿ちゃんの散歩道」に変更します。
[PR]
by hanakanji | 2010-12-02 22:13 | Comments(0)

Coffee Break

木々たちの彩も冬支度がはじまりました。日に日に枝についた葉が少なくなってきます。
さて、時節がら各地でイルミネーションの点灯が始まっています。
これからの季節は空気も澄んで夜景もきれいな時期を迎えます。
少しの間、イルミネーション&の撮り方でも・・・勉強です。
■露光中カメラをゆっくり回してみる
ホワイトバランスは「晴天」でOKです。
ISO200かいいかと思います。
そのまま撮ればきれいなだけのイルミネーションでも露光中にカメラを動かすことで新しい発見があります。
写真は「こう撮るべき」の決りhありません。いろいろな方法で撮影を楽しみます。
シャッタースピードは1秒程度になるように絞り値を大きくします。
手持ちでOKですから、露光中にゆっくりカメラを動かします(円を描くように)
b0183370_1543262.jpg
b0183370_15434883.jpg

■目先を変えてみる
豪華なイルミネーションに気を奪われがちですが、木々を彩る小さな電球にピントを合わせ
背景の電飾がぼかしました。夢のある世界です(大阪中之島)。
b0183370_1546266.jpg

■大きなボケを生かす
ピントは奥のガス灯に合わせレンズの直前に電球が来るようにポジション、アングルを決めます。
できるだけ望遠で絞値は解放にします(解放にすることでボケが丸くなる)
b0183370_155228100.jpg

●28-300㎜はFXフォーマットようですから、D5000などDXフォーマットカメラで使用すると
焦点距離は1.5倍になります。28-300ですと52-450㎜となり広角側が弱くなります。
撮影時は必ず18-55㎜も持っていくようにしてください。
[PR]
by hanakanji | 2010-12-01 15:53 | Comments(0)