散歩で写真を楽しもう


by hanakanji
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

今日も散歩

毎日同じ道を散歩していますが、今日は逆に歩いてみました。
いままで気かつかなかった被写体に出会いました。また、散歩時間を2時間早めにしました。
光の状態も違います。
■いろはモミジ
たった1本の木です。さびしいかぎりです。カメラで捉えてみると全くちっがった印象になりました。
葉のパターンを中心に彩りに注意しています。また、背景の色彩と200㎜の望遠側(18-200㎜)
で背景を大きくぼかしたことで主役が浮かびあがりました。最短距離に近いため絞りはf8で撮っています。
b0183370_15424296.jpg

■ススキ
そのまま撮れば単調になります。多重露光で柔らかさと優しさを重視しました。
白い穂先が一層やわらかく表現されました。
b0183370_15444592.jpg

■ススキが原
左右は車が走る道路。望遠で光と影がさすところを探して撮っています。右上に紅葉
した木を入れて季節の表現とアクセントにしています。
b0183370_15482721.jpg

[PR]
# by hanakanji | 2010-11-25 15:48 | Comments(0)

天候の違いと光

光には順光、斜光、逆光とあります。
順光は全体を精緻な描写ですが陰影がつかず平面的です。
斜光は適度な陰影がついて立体感を醸し出します。風景に最も使われる光線です。
逆光は透過光とも呼ばれ透明感が表現されます。ただ、暗くなりやすいので露出補正は必修です。
■ススキ
前回アップしたのと同じ場所です。今日はうす曇りで光が当たっていなく全体をきれいに描写していますが
個人の感覚ですが迫力に欠けます。
■思い切った露出補正
曇り空を背景にススキの穂がたなびいていました。曇り空は思い切った露出補正が必要です。
+1.5EVの露出補正をすることで空が真白になりいままでと違ったススキが表現されました。
■紅葉(雨上がり)
雨上がり。葉先についた水滴が静かな風情を、背景の紅葉の色が晩秋の風情を醸し出しています。
逆光です+1.3EVの露出補正で透明感も出ました。
■彩の紅葉
赤、黄色、緑と混ざり合い季節の移ろいを感じさせます。順光で撮ったこととで精緻な描写(f16)が望遠レンズで撮ったことでボリューム感も出ています。
b0183370_20464775.jpg
b0183370_2047548.jpg
b0183370_2047239.jpg
b0183370_20474776.jpg

[PR]
# by hanakanji | 2010-11-23 20:48 | Comments(0)

秋の艶

我が家の周りはそれほど広い撮影フィールドではありません。
日頃、車で通るときに、季節が変わればここは作品になる!と予想をしています。
今回の3作品もそうです。身近な場所ではこれができるから人と違った作品になります。
■落葉ノカルタ
春は桜が満開。秋に色づいた葉が目を楽しませてくれます。この場所も通勤途中です。
何時ころに光が当たるか分かります。休みの日、時間に合わせて撮影に行きました。
絞り込んで全体をシャープに、更に色に深味を出すためマイナスの補正が必要です。
■艶
紅葉した桜の木が晩秋の午後の光を浴びて輝いていました。
望遠レンズで赤い葉と緑の葉、そのものズバリを切り取っています。望遠レンズを使うことで作品に
ボリューム感が出ていますし、PLフィルターで余分な反射を抑えたことで「艶」が協調されています。
■ススキ
この場所の左右は道路で車が生きかっています。中ほどに歩道橋があり、そこから撮ることで余分
なものが入らないとわかっていました。太陽が傾きだしたころ、望遠で狙ってみました。
夕日に輝くススキ、色とりどりの木々たち。まさに晩秋の風情です。望遠レンズを使ったため
圧縮効果も出てボリューム感も出ています。f22まで絞り込んでいます。
b0183370_2072014.jpg
b0183370_2083141.jpg
b0183370_2084742.jpg

[PR]
# by hanakanji | 2010-11-22 20:09 | Comments(0)

カメラ散歩

実は入院・手術でした。
今は退院しリハビリを兼ねてカメラ散歩できるまで回復しました。
11月20日今日も風もなく温かくカメラ散歩してきました。1時間の予定が2時間。
いろいろな秋色がありました。
■秋色
木々の彩です。毎日彩が違ってきます。写真は記録です。身近なものでも光と影を意識しるこよで
作品になります。
■天高く
赤く熟した柿の木。真っ青なそらに白い雲。まさに天高く・・・の世界です。反射が出る場面です。
PLフィルターで反射を抑えています。
■柿
写真は光と影の芸術と言われます。光の中での斜光線が立体感を表現するに適した光です。
右からの光です。適度な陰影が付いて立体感が生まれています。背景が暗いため-1.0EVの
露出補正をしています。
■冬が来る前に
この作品も光を意識しています。主役の葉は影。背景は日向。逆転の発想です。
光が協調され一葉が浮かびあがっています。
b0183370_23152156.jpg
b0183370_23161465.jpg
b0183370_23162996.jpg
b0183370_23164753.jpg

[PR]
# by hanakanji | 2010-11-20 23:17 | Comments(0)
日に日に木々たちの彩りが豊富になってきます。
吹く風に色づいた葉っぱも一枚、また一枚と枝から離れてm冬の到来を
感じさせます。
■イチョウ
大きなイチヨウの木が晩秋の朝日に光輝いていました。里山を表現するため
ペットボトルで作った風車も取り入れてみました。バランスも整いました。
■晩秋の光
ここの里山は谷戸にあり、午前8時ころでないと光が当たりません。
冷えた朝。手作りの風車に光が当たりだしました。周りも朝の光で
オレンジ色に染まり晩秋の風情が醸し出されています。
風車についた水滴も冷えた朝を表現しています。
b0183370_1939538.jpg
b0183370_19401190.jpg

[PR]
# by hanakanji | 2010-11-19 19:40 | Comments(0)